富士通|arrows life(アローズライフ)|日本発のニュースポーツ、セパレートスノーボードとは?

2015.12.18

日本発のニュースポーツ、
セパレートスノーボードとは?

セパレートスノーボード NICO契約ライダー
てらしまなお(28)

スノーボードはもちろんのこと、セパレートスノーボードでは国内の第一人者。パークスタイルをメインに出身地である白馬エリアを中心に活躍。

セパレートスノーボード NICO契約ライダー
ひらはたこう(33)

国内におけるトップセパレーターのひとり。スケートサイクルの先駆者としても活躍。夏油高原スキー場をホームゲレンデとして活動。

日本の雪を楽しめるスポーツがしたい

シーズンインした北上の夏油高原スキー場では、スキーやスノーボードに混じって
見たことのない不思議なスノーギアで滑る人たちがいました。それは、新しい日本のウィンタースポーツとして
今、注目を浴びている“セパレートスノーボード”を楽しむ、寺島さんと平畑さん。

寺島さん
「これは、“セパレートスノーボード”です。2014年から国内17カ所のスキー場で
レンタルを開始しました。日本で生まれたスノースポーツなんです」

と、説明してくれた、寺島さんはセパレートスノーボード NICOの契約ライダー。
“セパレートスノーボード NICO”は、日本メーカー発で唯一となるセパレートタイプのスノーボード。

寺島さん
「始めたのは4年前。もともと契約していたスノーボードのメーカーが作ったギアなので、
まず乗って見てくれといわれて」

開発者を除いて、寺島さんは一番最初にセパレートスノーボードに乗ったといいます。

寺島さん
「セパレートスノーボードという名前からわかるように、スノーボードを分離したもの。
ボードが2枚なので “ニコ” なんです。あと、みんながニコニコ滑れるといいな、
という思いも込められています」

2つに分けたら、自由度の高い新スタイルのスノーボードに!

寺島さんと滑っている、もう一人のライダーは平畑さん。盛岡が地元のライダーです。

平畑さん
「私はセパレートスノーボード歴が3年。除雪重機のメカニックをしながら、
セパレートスノーボードを広めるためにデモンストレーターやインストラクターをしています」

平畑さんはセパレートスノーボードは初心者に優しいスノーギアだと言います。

平畑さん
「セパレートスノーボードのいいところは、まず軽いところですね!
これならギアバッグに収納してどこにでも運べます。そして、足の自由度が高いこと。
いろんなアクションを、あまり力まずにプレイすることができます。もうひとつ、
履いたままで歩けるのも便利です。そのままリフトに乗れますから。ギアの脱着や持ち歩きって、
手間もかかるし面倒なものですよね。履いたままってストレスがなくて、楽しさも倍増ですよ!」

スノーボードを経験した事があるなら、すぐに慣れて楽しめる!

一見奇妙な2枚のボードですが、仕組みはスノーボードと同じだといいます。

寺島さん
「バインディング(板に付属しているブーツと板をつなげる金具のこと)も、ブーツもスノーボードの物が使えます。だからスノーボードを
楽しみに来た人なら、レンタルすればすぐに慣れて楽しめるはずです!」

1枚の板に足が固定されるスノーボードと比べ、足が自由になる分、恐怖感も少ないといいます。

平畑さん
「スノーボードのように装着してください。すると、ほら、立って歩けるでしょう?
しかもバランスがとりやすい。緩斜面なら、スノーボードよりも慣れるのが早いと思います」

両足が自由な分、滑りだすと足が離れてしまいそうになります。
それを抑えてバランスを取るのが、滑り方の秘訣だとか。

寺島さん
「横方向に滑るのはスノーボードと一緒です。でもスケートのように両足が自由に動くので、
方向転換やトリッキーな滑りが簡単にできます」

雪山の激しいスポーツも、余裕で使えるMIL規格14項目準拠

米国国防総省が定める耐久試験をクリアした、ミリタリー・スタンダードのタフなボディ。
頑丈なだけじゃなく、雪山の様な低温環境でもしっかりと動作し、雪濡れも怖くない防水設計が施されています。
冬のアウトドア・スポーツに連れていきたくなる安心のスマートフォンです。

詳しくはこちら詳細ページへ

スポーツ撮影はスマートフォンにおまかせ4K動画撮影

超高画質で撮影できる4K動画対応に加え、ハイブリッドオートフォーカスで決定的瞬間にピントバッチリの写真も撮れます。
高精細な画面は、スノーフィールドでの画像チェックで威力を発揮します。

詳しくはこちら詳細ページへ