arrowsの電池持ちを良くするコツを学ぼう!

スマートフォンの電池が切れてしまうと、一大事ですよね。
電話もできない、LINEもできない、調べごともできない…。
モバイルバッテリー買わなきゃ。
こんな最悪な状況にはなりたくないですよね。
だから皆さんも、電池持ちを良くする方法を憶え、活用してみましょう!

電池持ちについて

スマートフォンの電池持ちは、利用の仕方により大きく変わります。
アプリや動画をたくさん利用すれば、電池の減りも早くなりますし、使わなければ、減りも遅くなります。
その為、電池残量が少ない場合は、まず、利用を少し控えることが最も良いのですが、そういうわけにもいかないと思いますので、電池持ちを良くする方法をご紹介します。

バッテリーセーバーを利用してみよう

バッテリーセーバーとは、端末のパフォーマンス、一部のバックグラウンドデータを制限することで、電池持ちを良くする機能です。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「電池」をタップします。
  3. 「バッテリーセーバー」をタップします。

電池残量で自動にONにする場合

  1. スライドボタン」をタップします。
  2. スライドバー」をスライドしてバッテリーセーバーをONにする電池残量を決定します。

すぐにONにする場合

  1. 「今すぐONにする」をタップします。

自動調整バッテリーを利用してみよう

自動調整バッテリーは使用頻度の低いアプリの電池使用を制限することで、電池持ちを良くする機能です。さらに時間の経過とともに利用者のアプリ使用パターンを学習し、その方にあった電池の節約ができるようになります。
※この機能はデフォルトでONになっています。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「電池」をタップします。
  3. 「自動調整バッテリー」をタップします。
  4. スライドボタン」をタップします。

その他にも少しの対応で電池持ちが変わる方法がありますので、ご紹介します。

ディスプレイを暗くしてみよう

ディスプレイは思った以上に電池を消費します。ディスプレイを少し暗くするだけでも電池持ちが変わってきます。

  1. ステータスバーを下にスワイプします。
  2. スライドバー(引き下げ)」を下にスワイプします。
  3. スライドバー(明暗調整)」を左側に動かすとディスプレイが暗くなります。

ディスプレイのスリープ時間を変えてみよう

利用していないタイミングで電池の消費を減らす方法です。スリープするまでの時間を短くします。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「表示の設定」をタップします。
  3. 「詳細設定」をタップします。
  4. 「スリープ」をタップします。
  5. 現状より短い時間をタップします。

Wi-Fi、GPS、BluetoothをOFFにしてみよう

Wi-Fi、GPS、BluetoothなどをOFFにするのも有効です。利用していない場合は、OFFにしましょう。

  1. ステータスバーを下にスワイプします。
  2. Wi-Fi、GPS、Bluetoothで利用していないものをタップします。
    ※色が付いているものがONです。

極端に寒いところでは、温かいところにしまう

スキーやスノーボードなどで寒い場所にいるときは、少しでも温かいポケットなどにしまうことで電池の減りを緩和することができます。

※画像はすべて2019年6月現在のものです。

今回は、6つの電池持ちを良くするコツをご紹介しました。電池残量が少ないときは、ぜひ利用してみてください。また他にもアプリで電池持ちを良くするものもあります。自分にとって使いやすいものを探してみてください。