arrowsのカメラで素敵な思い出を残そう!

今やカメラはスマホには欠かせない機能のひとつになっていますよね?
また、これからの季節はカメラを使うことも多くなると思います。
そこで今回はひと手間加えて素敵な写真を撮影する方法をご紹介します。

※この記事は、arrows Be3 F-02L、arrows U向けの内容です。

露出/WB調整

撮影した写真を見たら、目で見ていた色とは全然違うと思ったことはありませんか?
そんな時は「露出/WB調整」を調整すると綺麗に撮影することが出来ます。

  1. カメラアプリの画面で、「カメラ設定」をタップします。
  2. 「露出/WB調整」をタップし右側のスイッチがON(紫色)になっていることを確認してから、「←」をタップしてカメラアプリに戻ります。
  3. 露出補正ボタンホワイトバランスボタンが表示されます。

露出補正をする場合

  1. カメラ設定」をタップすると、スライダーが表示され、露出の補正が可能です。
    被写体が暗い時はプラスに、逆に明るい時にはマイナスにすると適正な明るさで撮影出来ます。

ホワイトバランスを調整する場合

  1. ホワイトバランスボタン」をタップすると、ホワイトバランスの設定が選べます。いろいろな光の下で撮影をする際に正しい色に補正をしてくれます。是非実際にさわってみて違いを実感してみてください。

連写機能

集合写真を撮った時、誰かが目をつぶっていたり、うまく写らずに何回もやり直して時間のかかった経験などはないでしょうか?
そんな時に連写で撮っておけば一回の撮影で複数枚撮れるので、時間をかけずにベストショットに出会うことが出来ます。

  1. カメラアプリの画面で、「カメラ設定」をタップします。
  2. 「長押し連射」をタップし右側のスイッチがON(紫色)になっていることを確認してから、「←」をタップしてカメラアプリに戻ります。
  3. カメラシャッター」を長押しして撮影すれば連写での撮影ができます。

ポートレートモード

一眼レフで撮影すると背景をぼかしたようなかっこいい写真が撮れたりしますよね。実はarrowsでも背景をぼかした写真を簡単に撮影することができます。

  1. カメラアプリの画面で、「カメラ設定」をタップします。
  2. 「ポートレート」をタップしスイッチがON(紫色)になっていることを確認してから、「←」をタップしてカメラアプリに戻ります。
  3. スライダーを左右に動かすと背景のぼかしレベルが調整できます。

構図を意識する

今まではarrowsの機能を紹介してきましたが、最後に写真をよりバランスよく撮るコツを少しご紹介いたします。
それは構図というものです。
被写体の位置を少し変えるだけでグッとクオリティの高い写真が撮れますのでよろしければ試してみてください。

バランスのとれた安定感を生む「三分割構図」

線の重なっているところに被写体を合わせたり分割した四角ごとに要素を分割するテクニックです。

道路、建物、空を分ける。さらに水平を意識することで安定感も生まれます。

訴えかけるような写真が撮れる「日の丸構図」

被写体を真ん中に置くテクニックです。被写体に思いっきりより、周りをぼかすことで迫力のある写真が撮れます。

先ほど紹介したポートレートモードと合わせればグッと良い写真が撮れます。

このように、スマホのカメラにひと手間加えることで、より素敵な写真を撮影することが出来ます。皆さんもarrowsで素敵な思い出を残してください!