待ち合わせが楽になる!位置情報を共有する便利機能

同僚や友人との待ち合わせの際、単に住所を共有するだけでは正確な場所を把握しにくいと感じたこともあると思います。arrowsを活用すると、他のユーザーと位置情報を簡単に共有することができます。そんな待ち合わせをスムーズにできる便利機能と手順をご紹介します。

自分の位置情報をメールで送る

待ち合わせなどで活用できる自分の位置情報をメールで送信する方法をご紹介致します。ここでは、Google™ マップ上の位置情報を送信する手順をご紹介します。

  1. Google マップを開き、「検索窓」をタップし、待ち合わせ場所を入力し検索します。
  2. 検索結果が表示されたら、「共有」をタップします。
  3. Gmail・+メッセージ・Bluetoothなど共有方法が表示されるので、送信したい方法を選択します。
    その他にもアプリをダウンロードしていれば、LINE、メッセンジャーなどでも共有可能です。
    ※ここでは、Gmailで情報を共有します。
  4. Gmailを選択すると自動でメール作成の画面に移行するため、位置情報を送る「宛先」を入力もしくは選択し、「送信アイコン」をタップします。

リアルタイムで現在地を共有

続いて、お互いの現在地を知らせる機能をご紹介します。この機能は、道に迷った際、相手に自分の位置を知らせる方法として活用できます。

自分の現在地を相手に共有する場合

  1. Google マップを開き、画面左上の「MENU」をタップします。
  2. 「現在地の共有」をタップします。
  3. 「共有を開始」をタップします。
  4. 現在地を共有する人をタップします。表示されていない場合は「もっと見る」をタップして、選択するか、「もっと見る」をタップした先にある入力欄に名前、電話番号、メールアドレスかのいずれかを入力します。
  5. 「共有」をタップします。
    ※共有する時間も設定することができます。
  6. 「有効にする」をタップします。
  7. 共有しているユーザーの情報が表示されます。

ここまで完了すれば、自分の現在地は相手に共有できました。あとは以下の操作を相手側に依頼します。

相手の現在地を共有してもらう場合

  1. 相手には以下のようなメールが送られてくるので、「Google マップで表示」をタップしてもらいます。
  2. 現在地を共有するの右側にある「ONOFFボタン」をタップしてもらいます。
  3. 「共有」をタップしてもらいます。
    ※共有する時間も設定することができます。
  4. 「有効にする」をタップしてもらいます。
  5. 自分の現在地が相手に共有されます。

相手が現在地を共有した場合

  1. 以下のように相手のアイコンと位置が表示されます。

現在地の共有を解除する場合

  1. 画面下部にある共有した相手の名前横にある「閉じるアイコン」をタップします。そうすることで現在地の共有は解除されます。また、設定した共有時間(デフォルト1時間)をすぎると自動的に解除になります。

番外編

地図だけでは伝えづらいことだったり、地図上では表現されていないことなどを伝える際に便利なarrowsの「キャプメモ」機能を、最後にご紹介します。
今回は例えば、公園の駐輪場を友人にメールで伝える場合を想定しています。
※「キャプメモ」機能は搭載されていない機種もあります。

  1. 駐輪場がある位置が表示された地図上で、画面右下から中央に向かってスワイプします。
    ※画面右下から中央に向かってスワイプは、デフォルトの設定の場合です。
  2. スワイプするとキャプメモとなぞってコピーといったメニューが表示されるため、「キャプメモ」をタップします。
  3. キャプメモを選択すると自動的にスクリーンショットが生成され、編集画面に入ります。画面左側に鉛筆やペンといった4つのツールが表示されるため、お好みのツールを選択します。鉛筆を選択すると、画面下部にカラーが表示されますので、お好みの色を選択します。
  4. 地図上に線や文字を記入し、画面上部に表示されている「共有」をタップします。
  5. 共有方法が表示されるため、送信したい方法を選択します。
    ※ここでは、例としてGmailで情報を共有します。
  6. Gmailを選択すると自動でメール作成の画面に移行するため、文章やキャプメモを送る「宛先」を入力もしくは選択し、「送信アイコン」をタップします。

※機能/画像は全て2019年7月現在のものです。

今回は、待ち合わせに便利な機能などを紹介しました。プライベートやビジネス、旅行などさまざまな待ち合わせに活用できる機能です。この機能を使いこなし、スムーズな待ち合わせを実現させましょう。