写真を編集してもっと素敵に!

Webや雑誌で見つけた素敵な写真。どうやったらそんな良い写真が撮れるんだろうと思ったことはありませんか?
実は、様々なところで目にする写真って、ほとんどが編集されているんです。
パソコンを使って色や明るさを調整したり…。
そうすることでより素敵な写真ができるのです。
今回はそんな写真の編集をarrowsで行う方法をご紹介します。

Google™ フォトで編集する

arrowsにプリインストールされているGoogle フォトでは、とても簡単な操作で写真を編集することができます。

編集画面を表示する

まずは編集画面を表示する方法です。

  1. Google フォトを立ち上げ、編集する写真をタップします。
  2. 写真の詳細画面で「設定」をタップします。

フィルタで編集する場合

フィルタとは、ボタンひとつで各雰囲気に写真の色味を編集してくれる機能です。「自動」を含め、全部で13個用意されています。好きなものを選択するだけでSNS映えするような雰囲気のある写真に編集が可能です。

おせわんポイント!
「一発で素敵な写真に編集できて便利だワン!」
  1. 編集画面を立ち上げると「フィルター」が選択されていますので、赤枠部分のサムネイルを左にスワイプして、お好みのフィルタを選択します。

色調整、効果を追加する場合

撮影した写真や上記フィルタで編集した写真の明るさや色の種類を細かく調整したいという方向けの編集方法です。

  1. 編集画面で「設定」をタップします。
  2. 「明るさ」「カラー」「ポップ」のスライダーが表示されます。お好みの結果になるようにスワイプして調整してみてください。
おせわんポイント!
「“フィルタ”をつかって、さらに色調整をすることであなた好みの写真ができちゃうワン!」
  1. (1)「明るさ」は、ちょっと写真が明るすぎて、白くなってしまった場合や、逆にちょっと暗い印象になってしまった場合に利用いただけます。
    具体的には、明るすぎて少し暗くしたい場合は、「スライダー」を向かって左側に移動させ、明るくしたい場合は、右側に移動させます。
  1. (2)「カラー」は、色の強弱を調整したい場合に利用いただけます。
    具体的には、色を淡い印象にしたい場合は、「スライダー」を向かって左側に移動させ、色をはっきりとした印象にしたい場合は、右側に移動させます。
  1. (3)「ポップ」は輪郭の強さを調整したい場合に利用いただけます。
    より被写体をはっきり見せたい場合は、「スライダー」を向かって右側に移動させます。

明るさをより細かく編集する場合

「明るさ」を7種類の機能でもっと細かく編集することができます。

  1. 明るさを調整するスライダー横の「下矢印」をタップします。
  2. 「露出」「コントラスト」「ホワイト」、「ハイライト」、「シャドウ」、「ブラック」、「周辺減光」のスライダーが表示されます。お好みの結果になるようにスワイプして調整してみてください。
おせわんポイント!
「シャドウを暗くすると、よりはっきりとした写真になるんだワン!」
  1. (1)「露出」は、写真全体を明るくしたり、暗くしたりするための機能です。左に移動させると「暗く」、右に移動させると「明るく」なります。
  1. (2)「コントラスト」は、明暗の強弱を調整するための機能です。左に移動させると「明暗が弱く」、右に移動させると「明暗が強く」なります。
  1. (3)「ホワイト」は、最も明るい部分をより明るくしたり、暗くしたりするための機能です。左に移動させると「最も明るい部分を暗く」、右に移動させると「最も明るい部分をより明るく」します。
  1. (4)「ハイライト」は、明るい部分をより明るくしたり、暗くしたりするための機能です。左に移動させると「明るい部分を暗く」、右に移動させると「明るい部分をより明るく」します。
  1. (5)「シャドウ」は、暗い部分を明るくしたり、より暗くしたりするための機能です。左に移動させると「暗い部分をより暗く」、右に移動させると「暗い部分を明るく」します。
  1. (6)「ブラック」は、最も暗い部分を明るくしたり、より暗くしたりするための機能です。左に移動させると「最も暗い部分を明るく」、右に移動させると「最も暗い部分をより暗く」します。
  1. (7)「周辺減光」は、画像の四隅を暗くする機能です。右に移動させると「四隅の暗さが強く」なります。

カラーをより細かく編集する場合

「カラー」は、5種類の機能でもっと細かく編集することができます。

  1. 明るさを調整するスライダー横の「下矢印」をタップします。
  2. 「彩度」「色温度」「色合い」、「肌の色」、「ディープブルー」のスライダーが表示されます。お好みの結果になるようにスワイプして調整してみてください。
おせわんポイント!
「料理、特にお肉などは色温度で暖色系にすることでより美味しくみえるんだワン!」
  1. (1)「彩度」は、鮮やかさを調整するための機能です。左に移動させると「彩度が低く」、右に移動させると「彩度が高く」なります。
  1. (2)「色温度」は、寒色系(色温度が高い)や暖色系(色温度が低い)を調整するための機能です。左に移動させると「寒色系」、右に移動させると「暖色系」なります。
  1. (3)「色合い」は、色相を調整するための機能です。左に移動させると「緑系」、右に移動させると「紫系」になります。
  1. (4)「肌の色」は、人物などの肌の色を調整するための機能です。左に移動させると「白く」、右に移動させると「濃く」します。
  1. (5)「ディープブルー」は、青のみ色を調整するための機能です。左に移動させると「青を薄く」、右に移動させると「青を濃く」します。

角度を編集する場合

しっかりと水平にスマホを構えたつもりでも結構どちらかに傾いていたりすることありませんか?後から見直してみると斜めになっていて、がっかりなんて…。
そんな時のために角度を編集する方法をご紹介します。

  1. 編集画面で「角度調整」をタップします。
  2. スライダーを動かして、任意の角度に編集します。
    (「トリミング」をタップすれば色々なサイズにトリミングでき、「回転」をタップすれば45度ずつ回転させることができます。)
  3. 角度の調整が終わったら「完了」をタップします。
  4. 「保存」をタップします。
    ※元の画像が上書きされ、Google フォト内に保存されます。

※機能/画像は全て2019年7月現在のものです。

今回はGoogle フォトを利用して写真を編集する方法をご紹介しました。
夏真っ盛りなので、いろいろなところに出かけて、良い写真を撮り、最高の1枚に編集してくださいね。