arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE 夏の増刊号

【動物園】編

2018.08.24 Fri

【arrows @ MAGAZINE 夏の増刊号】

ZOOでZOOM! arrowsの「ライブズーム動画」×「動物園」が最高のマリアージュだった件

arrows最新モデル「arrows Be F-04K」。なまじ“割れにくい”ばっかりに、『夏の増刊号』のほかの企画では散々な目に遭っているようですが、そんな彼にも心和む企画をプレゼントしたい!
そこで目を付けたのが、「arrows Be F-04K」から搭載された、ライブズーム動画機能であります。

動画撮影中、画面のズームしたい場所を指で円く囲むと…

スムーズにズームイン!
さらに、囲んでロックオンされた被写体を自動で追いかけてズームし続けてくれるというハイテク機能です。

話は変わりますが、ボクは動物ドキュメンタリーが大好物! このarrowsなら、ボクもドキュメンタリーカメラマンになれるかもしれない!?

目指せナ●ョジオ! 灼熱の動物園に乗り込んだ!

ナ●ョジオカメラマンを目指して、やってきたのは酷暑のZOO

必要以上の夏空にカンパイ!

子ども連れの親子に混じって男ひとり、朝イチでチケット売り場に並ぶ自分を少々場違いに感じるひととき。しかし、自分の中での設定は「サバンナでのスクープ映像を狙うカメラマン」!
いざ行かん!

はい、まずはやって来ました。大人気のゾウですね。
とりあえず練習、練習。

そもそも巨大なゾウなのであまりズームの必要もないんですが、体全体を〇で囲むと、スーッとスムーズにズームされる。ちょっと感動!
太い柵を横切ったりすると、ロックオン状態が外れてズームが解除されてしまいますが、徐々にズームアウトしてくれるので、不自然じゃないですね。

次に狙うは美しいトラ。かなりそれっぽくなってきました。
でも、さすが縞模様のカモフラージュ機能。オレンジと黒の縞は背景の色とはぜんぜん違うんですが、トラが動くと追い続けることは難しい様子です。
それでも、動かないトラにロックオンした状態で撮影者が動いても、ズームはきっちりキープしてくれます。ちょっと無理な体勢でスマホを持っていたとしても(動物園ではありがち!)、いい感じで撮ることができました!

そして、練習の締めくくりは猿山へ。
でも酷暑の中、やっぱりお疲れの様子です。この日差しですからね。おサルさんも熱中症になりますよ。
サルの体毛と猿山の色がどちらもグレー系ということもあり、ロックオンが難しかったんですが、背中が少し茶色っぽい子には、うまくロックオンできました!

ゾウ、トラ、サル。定番の人気者たちでの練習で、だいぶコツを掴んできましたよ。

  • 指で円く囲むだけでスムーズにズームできるのはかなり便利!
  • 背景と動物のコントラストが高いほど、追尾がうまくいく
  • うまく追尾できない場合は、ロックが解除される前に“重ね気味”に円く囲んでいく

このあたりを意識すれば、いい感じに撮影できそうです

結論。「ライブズーム」を使うとドキュメンタリーっぽく撮れる

というわけで、次はいろんな動物たちの「ライブズーム」ビデオクリップをご覧ください。

スマホで普通に動画を撮っていると、どうしても広角になってしまい、はっきり言って迫力がないし、動物たちの躍動感も伝わってきません。

「ライブズーム」はデジタルズームなので画質は少々粗くなりますが、それを補って余りあるリアルな映像を撮ることができます。
しかも、少しくらいスマホが動いてしまっても自動で対象を画面内に収めてくれるのが素晴らしい! ボクのような初心者でも手軽に“ドキュメンタリー風の動画”が撮影できてしまいます。

動物園から帰ってきて、撮影動画を見ながらニヤニヤ…。ライブズームがなかったら、こんなに何度も再生してないよ、絶対。

結論! 「ライブズーム」を使うとドキュメンタリーっぽく撮れる。
これで(自称)ナ●ョジオカメラマンの仲間入りだ!

夏の動物園 ライブズーム動画(個人的)ベスト3

それでは最後に、今回の撮影での(個人的)ライブズーム動画ベスト3を発表させていただきます。

【第3位】カバ

酷暑の昼下がり。水があったら入りたい気持ち、すっごいわかるよ!
ズームした直後、鼻だけ浮上させて一呼吸。そしてまた水の中へ…。
ナイスタイミングでした。

【第2位】サイ

この暑さもどこ吹く風。日光を受けた体躯と背景の影のコントラストで、ライブズームの追尾がバッチリ決まってくれました。
動画の最後で奥に引っ込んだあと、盛大に“用を足して”いたのはヒミツ…。

【第1位】フラミンゴ

そのビビッドな色彩は、背景がたとえ泥水であろうともライブズームのロックオンを離しません! S字に曲がった首部分がしっかりとズームされ、泥の中で餌を探す様子がとってもドキュメンタリーっぽいのも気に入りました。

いかがでしたか?
「ライブズーム動画」×「動物園」のマリアージュ、動物ドキュメンタリー好き男子としては、かなりテンションが上がりましたよ。

あとはこの暑さがね…(^_^;
少し涼しくなる秋に、再チャレンジしたいと思います!