arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

K崎主任といっしょ! with arrows

2018.11.26 Mon

K崎主任といっしょ! with arrows 第20回

主任、風邪を引く



こんにちは~arrows@編集部のK太です(^ω^)

季節の変わり目ですがいかがお過ごしでしょうか。ちなみに、主任は風邪を引きました。


風邪を引くと、プライベートの芸能人風になる主任

K太もう仕事は終わりにして、帰った方がいいですよー

K崎主任大丈夫、仕事はもともとしてないし、人にうつすと治りが早いって言うし。

K太・・・。

K崎主任ゴホゴホ

K太それ口で発音しちゃってるじゃないですか。(仮病説あるな)

というわけで、うつされる前に避難・・・
もとい、主任の風邪を治すために一肌脱ぎましょう。

そうそう、皆さん、「風邪のときにやってること」ってあります?私はあります!

そうです

りんごを食べます。

りんごは、水分豊富なのはもちろん、ミネラル分やたんぱく質、食物繊維が含まれており、 回復食として非常に有用なのです!

そして、一番はこれ。

とにかくおいしい。

風邪のときって食欲なくなっちゃうんですが、あさわやかな甘さと食感に食が進みますよね!

早速スーパーに…だと味気ないので、行ってきました。そう、長野です。収穫したてのりんごを主任に届けます。


雄大な山に囲まれる長野は、りんご生産量第2位の「りんご大国」

信州生まれの品種もたくさんあります。特に「シナノゴールド」 のおいしさは海外まで届いていて、なんとイタリアで栽培されてたりするんです。

実際にりんご農家の方にご協力いただいて、おいしいりんご収穫をさせていただきました!


手塩にかけておいしいりんごを育てる外谷さん。お話もたくさん伺っちゃいました。

りんごの木は意外と小さい印象。この、小さな木で身を栽培する手法は長野県が全国のさきがけ。

K太りんごの木って意外と小さいんですね~

外谷さんこれは、高所の枝を剪定して、あえて小さくしているんです。高い位置にあると収穫のときに大変ですから。

K太よく考えられているんですね。

外谷さん品種によって時期はちがえど、収穫は1年に1回なので、1ヶ月間毎日収穫を続けます。

K太1ヶ月もですか?そんなにたくさん収穫されるんですね。

外谷さん熟れ具合も固体で違うので、一つ一つ確かめながら収穫をするんです。うちはだいたい20kgの箱を2000個分収穫しますよ。


こんなにたくさんのりんごをひとつひとつ手作業で収穫されるそうです。写真は王林という品種

K太大変な作業なんですね。。。他にはどんな作業をされるんですか?

外谷さんいろいろありますが、育ったりんご同士がぶつかってしまうのを防ぐために、花を間引く作業をします。りんご1つを育てるのにだいたい200個花をつみますね。


間引きせずに育てるとこうなってしまいます。実が小さくなったり形が崩れたりしちゃうんですね。

K太これだけのりんごを育てるには、莫大な量の手入れが必要なんですね。。。そういえば木になっている赤いりんごは色の薄いものや濃いものがありますね。

外谷さんフジなど赤いの品種は、日光に当てることで色づきがすすみます。なので、日光に当たるように実を回して方向を変えます。これを玉まわしっていいますね。


確かに、日光に当たっている部分とそうでない部分で色が違いますね。

K太これを一つ一つ…。勝手に木になっているのではなく、たくさんの手間ひまをかけて育てるんですね。恐れ入ります。さぞかしおいしいんだろうな~。

外谷さんありがたいことに、もう16年も得意にしてくれている幼稚園があったり、直販所で気に入って、私に直接発注してくれるひともたくさんいます。

こんなに丁寧に育てていらっしゃるりんご、主任にあげるのが少しもったいない気がしてきましたが、旬でおいしいという「王林」をひとついただき、早速主任のもとへ!


王林。おいしそう。。。

K太主任、これ食べて元気出してください。

K崎主任ゴッホゴッホ

K太もう突っ込まない


主任の感想を画像で表現してみましたその①
口元に持っていくだけで、長野の雄大さを感じるらしい

K崎主任甘ああああああああああい!!シャクシャクではなくサクサクとした軽やかな歯ごたえに、かむ度にあふれ出る果汁が口いっぱいに広がり、鼻からさわやかな香りが突き抜ける!!

K太主任、そのギャグちょっと古いですよ。でも、そんなにおいしいんですか!?

K崎主任ああ、、半世紀近くいろんなものを食べてきたけど、圧倒的にうまい。今までのりんごがりんごじゃないみたい。

K太一口ください!!!

K崎主任やだよ、こんなうまいのに

K太・・・。


主任の感想を画像で表現してみましたその②
サクッ!とひとかじり。りんご畑の芳しさがひろがるらしい

ものすごい勢いでもぐもぐ食べていく主任。あっという間に芯だけに。

「アップルを勢いよく食らう」具体的には言いませんが、なにか色々と気迫を感じます・・・!笑


K崎主任はい、これならあげる

K太・・・。


主任がくれたりんごだったもの

K太いただきます…。って、甘ああああああああああい!!

K崎主任食べるんかい。

そんなこんなで主任の風邪(?)もりんごのおかげで快方に!主任の食べ残しを食べた私はなんだか最近熱っぽいです・・・

今回訪問させていただいた外谷さん!本当にありがとうございました!

主任のコメントどおり、本当に美味しいりんごで、農家の方の想いを非常に感じました。

今後のarrowsにはどんな想いがこもっていくのでしょうか。期待です。

ではでは、また次回~!