arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2016.06.16 Thu

ただいまarrows使用中! 第2回

ハイスペックすぎないけど、使いやすそうな「arrows SV F-03H」

こんにちは。「ねんざブログ」のねんざBです。

こちらのコラム、「ただいまarrows使用中!」と銘打っているのですが、ごめんなさい、まだこの夏発売の新しい「arrows」は使用中ではありません。

ですが、富士通の2016年夏モデルの内覧会に呼んでいただき、「arrows SV F-03H」、「arrows Tab F-04H」の2機種を発売前に触ってきました。今回はまず、「arrows SV F-03H」について紹介したいと思います。

「arrows SV F-03H」ってなに?

「arrows SV F-03H」は、富士通のarrowsのスマートフォン、2016年夏発売予定の最新機種です。販売キャリアは、ドコモ。画面サイズは、5インチ。2580mAh搭載のバッテリーで、3日の電池持ちを実現。防水、防滴、防塵と、安心して使える機種となっているそうです。「おサイフケータイ」も対応しています。

ゴールド、ブラック、ホワイトの3色のカラーラインナップ。内覧会で実物を観ると、どのカラーもちょっと大人っぽい上質な印象を持ちました。

これまで「arrows NX」「arrows Fit」というシリーズがありましたが、この「arrows SV」については、その間くらいの端末スペックなんだとか。ちなみにこの「SV」、「Superior Value」の略。ワンランク上の、上質な価値を詰め込んだモデルなんだそうです。

「arrows SV F-03H」の外観はこんな感じ

「arrows SV F-03H」ホワイトの外観を写真で紹介すると、こんなです。


正面。約5インチの、大きすぎず、小さすぎずなサイズのディスプレイ。

約4.7インチの画面サイズの「iPhone 6s」より、ほんのちょっとだけ大きい感じ

「arrows SV F-03H」の背面

なかなか写真ではお伝えすることがむずかしいですが、背面はやさしいファブリック調のテクスチャが。背面デザインについては、ブラックは艶っぽいかんじ、ゴールドは粒子状のテクスチャ、とカラーによって異なるそうです。

側面は削りだしたような金属感があり、男性が好きそうなイメージ。

反対の面には、「arrows」と刻印されています。ブランドロゴについては、あまり主張しすぎるのもどうかな、と思う派ですなのですが、これくらいシンプルでカッコイイのは好感触。

「arrows SV F-03H」には、ワンセグ機能がついています。ワンセグやフルセグ機能の搭載されたスマートフォンの場合、別途取り付ける専用のイヤフォンケーブルをアンテナ代わりにする機種も多いですが(以前の富士通の機種にもありました)、内蔵アンテナだと専用イヤフォンを持ち歩く必要が無いのが良いですね。

残念ながら、より綺麗な映像が楽しめる「フルセグ機能」は、この機種は搭載されていません。災害時などに必要な情報を得るための手段と割りきったテレビ機能と思えば、ワンセグ機能で十分そうです。ちなみに、「フルセグ」の搭載されたスマートフォンでも、室内での受信が難しいことが多いように思います。ぼくは、スマートフォンでのテレビ視聴は、「nasne」と「torne モバイル」を活用して楽しんでいるので「arrows SV F-03H」を使う場合には導入予定です。(nasne活用について機会があればこのコラムでも紹介したいところ)

気になる「arrows SV F-03H」のカメラ

「arrows SV F-03H」のカメラは1,310万画素、レンズはF値2.0の明るいものを採用し、暗いところでも明るく撮れる、らしいです。インカメラは500万画素で35mm換算焦点距離23mmと、最近はやりのセルフィーでも使いやすいカメラになっているようです。発売前の内覧会なので撮影データは持ち帰ることができませんでしたが、実機を入手したらいろいろと撮影を試してみたいですね。

ハイスペックな機種はその分、性能が価格に反映されてしまうので高くなりがちですが、今回の「arrows SV F-03H」については、搭載する機能を多くの人がよく使う機能にしぼって、そこをしっかりと作り上げた印象。

「性能がいいハイスペックな機種が良いけど、実はいらない機能もけっこうあるんだよね、そこいらないから端末価格を安くしてほしいなー。」

なーんて思ってた人にはぴったりなんじゃないでしょうか。個人的には、指紋認証はつけてほしかったですけどね。手に持った感じも適度なグリップ感があって持ちやすいですし、内覧会で触らせてもらった分には動作も軽快で使いやすそうです。販売価格が気になるところ。発売時期については2016年6月下旬予定らしいのでもうすぐですね。

次回は、同じく内覧会で触らせてもらった「arrows Tab F-04H」について紹介予定です。

それではまた来週ー。