arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2016.07.14 Thu

ただいまarrows使用中! 第6回

あなたは「つける派」?「つけない派」?

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

いきなりですが、あなたは、「つける派」ですか?

それとも、「つけない派」ですか?

最近は、手帳型のものなんかも流行っていますし、「つける派」の方が多そうな気もしますね。

ぼくは、機種にもよりますが、基本的にはスマホにケースは「つけない派」です。

これから使う新機種の「arrows SV F-03H」もケースをつけずに裸で使うつもりです。

なぜケースをつけないのか

ケースをつけたほうが、傷などから保護できそうな気がしますが、そんなに気にしていません。
最近のスマートフォンは、わりと傷などに強くなっているからです。昔のケータイは、よく塗装が剥がれていた思い出がありますけどね。

「arrows SV F-03H」も、側面の特殊な表面処理や、ハードコート加工で、キズつきにくい外装になっているんだとか。

万が一、画面側から落下させてしまった場合でも、画面のフチの部分がちょっと高くなっていて、画面が直接、地面に衝突しづらい工夫もされているんだそうですよ。

画面自体も強度のある「ゴリラガラス」を採用していて、なんだか強そうじゃないですか、ゴリラ。本気出したら、握力が1トンもあるっていいますし。

せっかくの薄型デザインも、ケースをつけてしまうと分厚くなってしまったり、鉱石をイメージして作られたよい質感もケースで隠れてしまうので、もったいない気もします。

どうしてもケースつけないと落下させちゃったときの破損が心配な場合は、ドコモの「ケータイ補償サービス(有料)」に入っておくと良さそうです。スマホを激しく落として、破損させちゃった場合でも、修理代金上限5,000円で修理することが可能です。保険、みたいなもんですね。

お風呂で便利に使いたい

一番の理由はこれですよ。お風呂。防水のスマートフォンだとお風呂に持ち込んで使いたいじゃないですか。
ケースつけていると、わざわざケースをはずしてお風呂に入って、お風呂から上がったら、端末を拭いて、その後にケースをまたつけ直して、ってやるのがめんどうくさいんですよ。

革のスマホケースだとつけたままお風呂に入れたりできないですし、防水素材の薄型ケースだとしても、スマホとケースの間に水が入ったままになったりするのも嫌ですからねー。ここはやっぱり裸ですよ。せっかくの防水です。

Radiko」でラジオ番組を聴きながら。「torne mobile」で録画番組を観ながら。防水スマホでのお風呂タイム、楽しいですよー。

と、いうことで「arrows SV F-03H」はケースをつけずに使いたおしてみたいと思います。