arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2016.08.12 Fri

ただいまarrows使用中! 第10回

「arrows SV F-03H」で「ポケモンGO」できるかな?

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

7月末にリリースされた「Pokémon GO」、すごいブームですよね。すでに遊ばれている方も多いかと思います。もしかしたらこれからはじめようと思っている方もいるかもしれませんね。

「Pokémon GO」に関心がある方は、自分の持っている端末やこれから購入する新しい端末で「快適に遊べるかな?」というのは気になるところだと思います。

7月に発売されたばかりの「arrows SV F-03H」についてはどうでしょうか。

公式サイトの「動作確認機種」には…?

「Pokémon GO」公式サイトのFAQには「動作確認機種」が掲載されています。arrows(ARROWS)シリーズとしては、以下の6端末が掲載されていました。(2016年7月末時点)

  • arrows Fit F-01H
  • ARROWS NX F-01F
  • ARROWS NX F-02G
  • arrows NX F-02H
  • ARROWS NX F-04G
  • ARROWS NX F-05F

「arrows SV F-03H」は「動作確認機種」に含まれていません(記事執筆時)。ただし、対応環境としてあげられている以下の内容

  • 対応OSバージョン:Android 4.4 - 6.0
  • 対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
    ※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。

この環境は満たしています。「Google Playストア」から「Pokémon GO」をダウンロードして、インストールすることも問題なくできました。

「arrows SV F-03H」で「Pokémon GO」やってみた!

実際にしばらく遊んでみました。動作がもたつくこともなく問題なくプレイできます。

また、実際の街中の風景にポケモンが現れる「ARモード」というのがあり、ジャイロスコープを搭載した機種でないと利用できないのですが、「arrows SV F-03H」では「ARモード」も利用できました。


「ARモード」も問題なく利用可能。

バッテリーや発熱は?

プレイ時に気になるのは、バッテリーの減り具合や端末の発熱状況。短い時間ですが「Pokémon GO」をプレイしながらアプリで記録をとってみました。画面の明るさはオート、バッテリーオンと「Pokémon GO」以外は終了した状態で遊びました。

バッテリー残量100%、端末温度25度からスタート。1時間ぶっつづけにプレイした結果、端末温度は38.6℃まで上昇、バッテリー残量は80%になりました。1時間のプレイで20%減ということは単純計算だと約5時間くらいは遊べることになるんでしょうかね。


60分でバッテリーは残り80%。90分で残り67%という結果に。

端末温度が上昇したことで動作がもたつくような現象は、1時間のプレイでは起こりませんでした。合計1時間30分プレイしたのですが、この時点でゲリラ豪雨に遭遇し、プレイを断念。傘持ってなくてびしょ濡れです。

「arrows SV F-03H」、防水だし雨でもへっちゃらだー!

と思って、雨の中プレイを続行しようとしたのですが、ダメでした。

ディスプレイに雨粒が降りそそぐと、モンスターボールがまともに投げられません。タップしてないのに勝手にボールが飛んで行ったり、思いどおりの所に投げるのは至難の業です。豪雨の中で遊ぶ「ポケモン豪雨」はやめといたほうが無難ですね…。

ということで

「arrows SV F-03H」での「ポケモンGO」は、けっこう快適に遊べる、という結果になりました。とはいえ、ゲーム以外にもスマホを使うでしょうから、数時間にわたって遊ぶ場合はポータブル充電器などは持ち歩くことをオススメしておきます!