arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2016.10.20 Thu

ただいまarrows使用中! 第18回

「F-03H」の写真を無料で自動バックアップ!

無料で自動で写真をバックアップ!

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

突然ですが、みなさんはスマートフォンで撮影した写真のバックアップってどうしていますか?

パソコンやハードディスクに転送してバックアップをとったり、クラウドサービスにアップロードしてバックアップをとったり、方法はいろいろあります。

ぼくは「F-03H」で撮影した写真については、「Google フォト」というサービスを使って自動的にバックアップがとれるように設定しています。

使ったことのない方のために、設定などを紹介しますね。

必要なのはGoogleアカウントとアプリのみ。

「Google フォト」を利用するのに必要なのは、アカウントとアプリだけ。

Androidのスマートフォンを使っている方なら、Googleのアカウントは持っている方がほとんどでしょう。ない方は、新規でアカウントを作成してみてください。ここでは作成方法は割愛します。

もうひとつ、準備するのは「Google フォト」のアプリ。「F-03H」にはプリインストールされているのであらためてダウンロードする必要はありません。

アプリケーションの一覧から風車のアイコンの「フォト」というアプリを探してみてください。これが「Google フォト」のアプリです。

アプリを起動して、Googleのアカウントでログインしていない場合はログインしましょう。写真の一覧画面などが表示されると思います。

さっそく、バックアップの設定を行っていきます。

まず「バックアップと同期」にチェックが入っているのを確認しましょう。

そして重要なのが「アップロードサイズ」。

「高画質」と「元のサイズ」と二種類が選べるのですが、無料で利用するためには「高画質」を選ぶ必要があります。オリジナルの写真と比べると圧縮されたデータにはなりますが、一般的な写真の印刷や共有に十分な画質です。

実は「Gmail」や「Google ドライブ」、「Google フォト」などGoogleのサービス全体でアカウント1つにつき無料で利用できるのは15GBまでです。

じゃあ写真だって最大で15GBまでしか保存できないのかというと、この「Google フォト」は「高画質」で保存する場合は、15GBの容量にカウントされず、無限に写真を保存することができるんです。だから「高画質」設定が必須なんですね。

この「バックアップと同期」の設定は左上のメニューから「設定」に進み、あとから変更したり詳細な設定を行うこともできます。

オススメは、「モバイルデータ通信を利用してバックアップ」は写真、動画ともにチェックははずしておく設定です。

チェックを入れてしまうと、Wi-Fiなどに接続していない場合にモバイル回線で写真のバックアップが行われて通信量が多くなるので、月々の通信制限にひっかかってしまう可能性があるためです。

自宅などでWi-Fiが使える環境にある方はチェックを外したままにしましょう。逆にWi-Fiの環境がまったくない方は、チェックを入れておかないとバックアップが開始されません。

これで写真・動画データのバックアップがはじまります。

内蔵ストレージの容量も増やそう

上記で行った設定で、Googleのストレージ上にバックアップをとることができました。もうひとつ気にしておきたいのが、端末の内蔵ストレージの空き容量です。

「F-03H」は利用者が使える内蔵ストレージは約9.4GBと、ハイスペックモデルのスマホと比べるとあまり多くありません。

「microSD」を使っていない場合は、内蔵ストレージの容量を写真で多く使ってしまい、他のアプリを入れられない、ということも起こりえます。なので、以下の操作で内蔵ストレージの空き容量を増やしましょう。

左上の三本線のアイコンをタップし、出てきたメニューから「空き容量を増やす」。

すでにバックアップ済みの写真データを検索して、「削除」を選ぶと、端末からそのデータを削除をすることができます。これで端末の空き容量が増えることになります。

注意点としては、削除した写真を「Google フォト」で閲覧する場合は、通信が発生する点です。また、バックアップした写真をSNSなどに投稿したい場合は、そのSNSのアプリからだとお目当ての写真にアクセスできないことがあります。

この場合は、「フォト」アプリから写真を選択して、左下のアイコンをタップしましょう。

選択した写真が自動的に端末にダウンロードされるので、投稿したいアプリを選べば大丈夫です。ここでは「Instagram」を選びました。

こんな感じで投稿画面へ行くことができます。

古い写真を投稿する機会もそう多くはないと思いますが、例えば、昨日撮影した写真を投稿するなんてことは多いでしょう。この場合、すでに端末から写真データを削除済みだとダウンロードする必要があるんですよね。

毎回ダウンロードするのも面倒ですから、「空き容量を増やす」を行うのは、端末容量が足りなくなったなあ、と感じた際にやるのが良いでしょう。

ということで

「Google フォト」を使った写真データのバックアップについて紹介してきました。

万が一、スマホや写真を保存していたmicroSDが故障したり紛失した場合でも、写真データがバックアップできていれば安心ですね。

けっこう簡単にできちゃうので、「Google フォト」を使ったことのない方は、ぜひお試しを。オススメです。

ついでに「F-03H」の内蔵ストレージの容量不足に困っている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

「arrows SV F-03H」 の限られた内部ストレージを有効に使う

それではまた!