arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2017.01.12 Thu

ただいまarrows使用中! 第28回

「PASMO」の残高が「おサイフケータイ」で瞬時にわかる!?

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

「F-01J」を使いはじめてから気づいたんですが、おサイフケータイ搭載のスマートフォン、微妙に機能がパワーアップしてたんですよ。

ある日、何気なしにパスケースの上にポンと「F-01J」をのっけたところ、突然、「残高45円」という表示が。

え、どういうこと??

何が起こったかというと、スマートフォンにICカードリーダーの機能がついていて、パスケースの中に入っていたPASMO(交通系ICカード)の残高を自動で表示してくれたんですね。しかも超早い。


かざすと即座にICカードの残高が表示される

最初見たときには突然でびっくりしましたが、この「ICカード残高読み取り」機能は「F-01J」に限らず、昨年秋ごろからおサイフケータイ対応のスマホに追加されているようです。

「F-01J」の前に使っていた「F-03H」も対応しているようなのですが、機能をオンにしていなかったようで当時は気がついていませんでした。

どんな機能かというと「ICカード残高読み取り」の名前そのままですが、Suicaなどの交通系カード、WAON、Edy、nancoといったICカードの残高を読み取ることができるんです。

これって地味に便利だなあと思うんですよね。特にSuica以外の交通系ICカードを使っている方にとって。

Suica、WAON、Edy、nanacoについては、すでにカードをもたずにおサイフケータイで使っている方もいると思います。が、Suica以外の交通系ICカードはおサイフケータイに対応していないため、移行できないんですね。

Suicaを使った相互利用ができるにはできるんですが、JR以外の区間で定期券を使っている人にはちょっと厳しいところ。乗る駅か降りる駅のいずれかがJRの駅でないとSuicaでは定期券が購入できません。こういった場合はPASMO等、交通系のICカードを定期券で購入して使っている方も多いと思います。

そんなPASMO定期券に現金をチャージして使っている方なんかには、残高がサクッと確認できる「ICカード残高読み取り」は便利だと思います。

使い方はカンタンで、端末にICカードをかざすだけ。スマホの画面が切り替わって、残高が表示されます。

「F-01J」だけでなく、現在は多くのNFC搭載端末で「ICカード残高読み取り」機能が使えるようです。

「あれ、自分のスマホではできないぞ!?」という方は、機能がオフになっているかもしれません。

「設定」>「便利機能」>「NFC/おサイフケータイ設定」と進み、「Reader/Writer,P2P」にチェックが入っていることを確認してみてください。チェックを入れると有効になります。

ということで

「F-01J」等のおサイフケータイに搭載された「ICカードリーダー残高機能」をご紹介しました。残高額しか表示されないため、ご自身だけでなく、ご家族やご友人のICカードでもサッとチェックしてあげることができて便利ですよ。

機会があれば、ぜひお手元のおサイフケータイで使ってみてください。

それでは、また。