arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2017.03.30 Thu

ただいまarrows使用中! 第39回

パソコンを持っていないあなたにも、キーボードをオススメする理由。

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

前回、スマートフォンにUSBマウスを接続して操作できますよ、ってことを紹介しました。画面のガラスが割れてしまって、タッチ操作しにくいときの一時的な対処法として覚えておくと役に立つかもしれませんね。

さて、スマートフォンにマウスが接続できるならば、キーボードも接続・・・できちゃいますよね。

「USBホストケーブル」でキーボードの接続が可能。

前回と同様に、「arrow NX F-01J」のmicroUSBポートに「USBホストケーブル」を繋いで、USBキーボードを接続してみました。実際にちゃんと文字の入力もできましたよ。

そして、有線だけではなく、無線(Bluetooth対応)のキーボードも利用可能です。画面の大きなタブレット向けには、Bluetoothキーボードが内蔵されたケースなんかも販売されていたりもします。

スマホでもBluetoothキーボードを使おう

もちろんタブレットだけではなく、Bluetooth搭載したスマートフォンだって、キーボードは接続できちゃうんです。

「スマホはタブレットに比べると画面が小さくて文字が読みづらいのではないか」

と思われるかもしれませんが、最近のスマホは画面も大きいものが多いですし、解像度も高くなっているので、それほど心配することはなさそうです。

実際に使ってみたところ、画面サイズが約5.5インチの「F-01J」では、快適に文章を入力できました。


スマホ向けのスタンドもあると便利。大型の100円ショップなどでも手に入る。

それでも「手にスマホを持ってみているときは良いけど、キーボードを使っているときはやっぱり文字が小さいかな?」

なんて心配される方にオススメなのが、「F-01J」に搭載された「はっきり文字」機能。

クイック設定ツールを画面の上から引き出して、「はっきり文字」機能をオンにすれば、かんたんに文字サイズを最大にできるので、入力した内容をしっかりと確かめながら文章を作成することができます。


カンタン操作で文字が一気に最大サイズになり、キーボードでの入力時にも、より見やすくなる。

実際にこの原稿も、Bluetoothキーボードを接続した「F-01J」で書いているんですよ。

折りたたみのキーボード、超便利。

最近はコンパクトに折りたためる携帯用のBluetoothキーボードなんかも手頃な価格で購入できるようになってきたのでオススメです。


サンワサプライ「折りたたみ式Bluetoothキーボード」。記事執筆時の実売価格は4,980円。

折りたたんで専用ケースに収納、コンパクトで非常に持ち運びやすい。

ノートパソコンを持ち歩くのはちょっと重たいな、という方でも、「F-01J」とコンパクトなBluetoothキーボードをカバンに入れておけばたいしてかさばりません。外出先のカフェなんかでも長文メールやブログ投稿といった文章作成が捗ること、まちがいなしです。

別に外出先で文章を書くことなんかないよ、いう方でも、Bluetooth対応のキーボードがあれば、自宅でスマホを使って長い文章をらくらく入力できますからね。


スリムで軽い「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」。自宅用なら折りたたみじゃないタイプもアリ。

以上、パソコンは持っていなくても、タブレットじゃなくても、スマホとBluetoothキーボードの組み合わせ、意外と便利ですよ!というお話でした。

それでは、また。