arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2017.07.20 Thu

ただいまarrows使用中! 第53回

「F-05J」の4種類のマナーモード

arrows Be F-05J 4種類の「マナーモード」。

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

スマホの「マナーモード」、使ってますか?

って、ほとんどの方が使っていますよね。前回の記事で「arrows Be F-05J」のマナーモードを手早くON/OFFにする方法についてご紹介しました。

今回は「F-05Jのマナーモードの種類」について深掘りしていきたいと思います。

設定できるマナーモードは4種類

「F-05J」に搭載されているマナーモードですが、実は4種類あるんです。


「通常マナー」、「サイレントマナー」「アラームONマナー」「オリジナルマナー」の4種類。

この4種類は「設定」>「音」>「マナーモード」と進むと切り替えることができます。

それでは個々のマナーモードをみていきましょう。

いわゆるマナーモード「通常マナー」

「通常マナー」は、いわゆる普通のマナーモードです。「通常マナー」ONに設定すると、スマホのスピーカーから音が出なくなります。そのかわり、着信や通知などはバイブレーションで知らせてくれます。普段、マナーモードの種類を意識していない方は、こちらを使っている場合が多いでしょう。

バイブも鳴らない「サイレントマナー」

「サイレントマナー」は、通常マナーと同じくスピーカーから音が出ません。さらには、バイブレーションも鳴らなくなります。映画館や観劇、コンサートなど、着信音や通知音だけでなくバイブレーションの振動音もさせたくないようなシーンで活用すると良いでしょう。

アラームだけは鳴らしたい!「アラームONマナー」

「アラームONマナー」は、「通常マナー」と同じく、スピーカーから音が出なくなり、通知はバイブレーションで行われます。

例外として「アラーム」で設定した時間が来た場合は、バイブレーションだけでなくスピーカーからアラーム音が鳴ります。

夜、「通常マナー」にしたまま眠ってしまい、翌朝、アラームの音が鳴らずに(バイブレーションだけ)起きられなかった、なんて経験をしたことがある方もいるかもしれません。そんな方には、かなり有効なモードでしょう。寝る前に切り替え忘れてもアラームがちゃんと鳴ります。

自分好みにカスタマイズ!「オリジナルマナー」

「オリジナルマナー」では、「音声着信」「メディア再生」「アラーム」「通知」といった各シーンでの音量、および電話着信時のバイブレーションをさせるかどうかを個別に設定して、自分好みのマナーモードを作ることができるんです。


「マナーモード」の設定画面から「オリジナルマナー」を選んで設定する

例えば、「メディア再生音量」のみ最大にして、その他をサイレントにしておけば、マナーモード中でも動画や音楽・ゲームのアプリだけ音が出る状態が作れますよ。

ということで

「arrows Be F-05J」に搭載されているマナーモード4種類を紹介してきました。

いままで「通常マナー」しか使っていなかった方もご自身の利用シーンに合わせ、ぴったりなマナーモードを見つけてみてください。ちなみにぼくがよく使っているのは「アラームONマナー」です。

それでは、また来週ー!