arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2017.07.27 Thu

ただいまarrows使用中! 第54回

「arrows Be F-05J」でマルチウィンドウ機能を試す

arrows Be F-05J マルチウィンドウ機能を試す。

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

Android 7.Xから「マルチウィンドウ機能」が搭載されました。これは2つのアプリを同時に1画面で表示することができる機能です。

例えばブラウザでウェブサイトを表示して調べ物をしながら、同時にメールを表示しておく、みたいなことができるわけです。

「F-05J」もAndroid7.X対応、ということで、今回は「arrows Be F-05J」でマルチウィンドウ機能を試してみたいと思います。

「マルチウィンドウ機能」の起動方法

まずは使いたいアプリをいつものように起動します。ここでは「ブラウザ」と「Inbox(メールアプリ)」を起動しました。

次に、ブラウザの画面を表示したまま、画面下のナビゲーションバーの「履歴アイコン」を長押しします。

すると、画面が上下に分割され、上半分にはブラウザ。下には起動中のアプリの画面が出てきます。下半分の画面で、表示したいアプリを選択すると、2つのアプリを上下に同時に表示できる、というわけです。


上半分にはブラウザ。下にInbox(メール)を表示できた。

ちなみに、下に戻したい場合はもう一度「履歴アイコン」を長押しすればOK。

ただし、マルチウィンドウ機能を使うためには、そのアプリが分割画面に対応している必要があります。


「Instagram」など、分割画面に対応していないものもある。

非対応の場合は「アプリで分割画面がサポートされていません」というメッセージが表示されます。

左右に画面を分割して使う

「マルチウィンドウ」の状態で画面を横に向けると上下ではなく、左右に分割して利用することもできます。


ブラウザとTwitterを縦表示で2分割。

ブラウザとTwitterを横表示で2分割。

使用するアプリにもよると思いますが、個人的には横にして左右2分割のほうが見やすいかな、と思いました。

「マルチウィンドウ」の分割画面の比率を変更

さて、この2分割した画面ですが、画面の真ん中の線を指で動かすと画面分割の比率を変更することができます。上の画面を6割、下の画面を4割表示するみたいな。


画面分割の比率を変更可能。

ただし、画面設定の「表示サイズ」が「デフォルト」になっていると比率を変えることができませんでした。

画面の「表示サイズ」は、「設定」>「壁紙・画面」>「表示サイズ」と進んで「小」に変更します。


「表示サイズ」が「小」であれば、分割比率を変更可能。

この状態であれば、マルチウィンドウで分割した2画面の比率を変更することが可能となります。

しかし、これは画面を上下に分割している場合のみで、左右に分割している場合は画面比率を変更できないようです。

ワンセグとTwitterを同時に表示して実況できる?

「arrows Be F-05J」にはワンセグ機能があります。なので、ワンセグを観ながら同時にTwitterアプリを表示していわゆる「実況」することができないかためしてみました。しかし、「ワンセグ」アプリが分割非対応のため、これはだめでした。

「マルチウィンドウ機能」を試した感想

「F-05J」は約5インチの画面サイズですが、画面を分割した場合は少しきゅうくつな印象を受けました。「マルチウィンドウ」機能は、タブレット等の大きな画面の端末で真価を発揮しそうですね。

ただ、スマートフォンでも便利そうだ、と思ったのは「YouTube」アプリと別のアプリの同時起動。

「YouTube」アプリはバックグラウンド再生ができません。そのため動画を再生している時は、同時に他のことができませんでした。例えば「YouTube」で動画を再生しながら「Twitter」を開くと動画の再生が止まってしまいました。

しかし、「マルチウィンドウ機能」を使えば「YouTube」アプリで音楽を聴きながらTwitterをやったり、ブラウジングしたり、メールしたり、ということができるわけです。これは便利そうですね。

「マルチウィンドウ機能」、ご自身が良く使うアプリでぜひ試してみてください。何か新しく便利な使い方を発見できるかもしれません。

それでは、また来週!