arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2018.03.08 Thu

ただいまarrows使用中! 第83回

「arrows Tab F-02K」を少し触った感想!

ペンで書ける

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

前回、ざっくりとご紹介した「arrows Tab F-02K」。

2018年2月23日に無事、発売されました!

そして、ぼくの手元にもやってきましたよ、F-02K。今回もモニターとして使わせてもらえるので、がんがん使い倒していきたいと思います。

箱の中身はなんだろな

まずは、パッケージのを開封して中身の確認。

本体および、ガイドに加えた付属品。

本体以外の付属品は何があるかというと…

手書きのできる「スタイラスペン」。

こちらが噂のワコム社製のスタイラスペンです。手書きで文字が書けるんですよ。

「arrows」のロゴが入った専用品です。

乾電池をペンの中に入れて使うようですが、「単6」というぼくはあまり馴染みがない型のものです。電池の交換が必要になった際に、すぐに手にはいるといいのですが。

ちなみにこのスタイラスペンは「試供品」という扱いで付属しています。無くしたり壊してしまった場合、同じものを購入することができませんので注意。

ただし、ペン先については消耗品なので、使い込んで摩耗してしまった場合は交換可能。替えのペン先については、富士通のホームページに記載があります。

折りたたみ式の「卓上スタンド」。

もうひとつ、ついてくるのが卓上スタンド。こちらも試供品です。

普段はコンパクトにたたまっていますが

使用するときはこうやって起こして使えます。

角度も4段階に調整可能。

動画などを見る際に特に便利そうですね。手鏡みたいなサイズ感で、コンパクトにしまえるので持ち運びも楽なのがいいですね。

「arrows Tab F-02K」の外観

続いては「F-02K」本体について。

正面から見ると、こんな感じです。10.1インチディスプレイを搭載。最近の機種にしては、少しベゼル(外枠)が太いような印象があります。

正面上部には、虹彩認証用のセンサーがあります。画面を見れば認証解除できちゃうのが便利ですね。

なお、このF-02Kでは、端末を横向きにもっても縦向きに持っても、虹彩認証ができるようになっているようです。

背中側は、arrows のロゴマーク。

質感はマットで落ち着いた感じ。個人的にはテカテカしているよりは好みです。

前モデル「arrows Tab F-04H」にもあった「grip edge(グリップエッジ)」が健在。

滑り止めの役目をするので、スタンド無しで、そのまま壁に立てかけたりしても滑らず安定してくれる機能です。キッチンとかお風呂とかでも活躍してくれそう。

ただし、F-04Hからの変化もありました。F-04Hでは、縦横6箇所についていた「grip edge」ですが、今回のF-02Kでは下側面に2箇所あるだけとなっています。横向きにしか立てかけられません。ただ、たしかにタブレットを置いて使う際に、縦向きに立てかけて使うケースはそう多くない気がするので、あまり問題はなさそうです。

上側面、左側にはイヤフォンジャック。

右側にはワンセグ・フルセグ用のアンテナ。外付けじゃないのがうれしい。

左側面に電源、ボリュームキー。

右側面には、充電などを行うUSBコネクターが。USBコネクタは、Type-Cとなっているので、Type Cコネクタの充電ケーブルを持っていない方は、準備しておきましょう。

参考:【F-01K】今までのが使えない!?新しい充電コネクタに注意。

実際にペンで文字を手書きするのも試してみました。

ホワイトボードにマジックで書いてるかのような書き心地で、けっこう書きやすいなあ、という印象。

ただ、書く時にどうしても画面上に手をついてしまって、その部分も認識されて不要な線が発生してしまうことがあり、そこだけ気になりました。

これは慣れでなんとかできるものなのか、ソフトの設定で対応できるものなのか、しばらく使って調べてみたいところです。

その他ですが、動画の再生なども綺麗に楽しむことができました。

音声については、前面のステレオスピーカーも良くなってくれるし、「Dolby Audio」機能をONにすると迫力のある音声で楽しむこともできるのが前モデル同様、良い点です。

ブラウザやその他多くのアプリは、サクサク動作してくれました。

しかし、ゲームアプリについては、3D描写などがあるとちょっと重いかな、という印象です。

こちらの記事で「F-01K」でも試しましたが、『D×2 真・女神転生 リベレーション』をベンチマーク代わりに遊んでみたところ、端末スペックによる画質設定は一番軽い「軽量」に設定されました。3Dの描写は得意ではなさそうですね。

ということで

発売直後に触ってみた「arrows Tab F-02K」のファーストインプレッションでした。

重いゲームを起動する以外は軽快に動作するし、薄くて持ちやすく、防水だし、かなり良いタブレットだなと手応えを感じています。オススメですよ。