arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2018.03.15 Thu

ただいまarrows使用中! 第84回

これぞバスタブ(?)。「F-02K」でお風呂タイムが捗るぞ!

バスタブ

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

ただいま、絶賛モニター中のタブレット「arrows Tab F-02K」。

この最新タブレット、ぼくはよくお風呂に持ち込んで使ってます。

いや、だってね、お風呂タイムが捗るんですよ。

「F-02K」でお風呂が捗る理由。

防水タブレットだから、多少濡れても平気。

まずは、防水だから抵抗なくお風呂に持ち込めます。防水用のケースとかもつける必要はありません。

スペック上「F-02K」は、スロットキャップをきちんと閉じた状態で「IPX5、IPX8の防水性能」があるそうです。

と言われても、ぼくも難しいことはよくわかりません。とりあえず、お風呂で使うのはOKだそうです。

富士通のサイトのFAQにも「風呂場で使用できます。」とあります。

「F-02K」自体を湯船につけたり、お湯の中で使用するのはNGみたいですが、湯船の中、手に持った状態で動画を楽しんだり、音楽を聴いたりするのは問題ないでしょう。

スピーカーのボリュームは十分。


AM・FMラジオが聴ける「radiko」だけでなく、個人がラジオ配信する「Voicy」等もよく聴いています。

ぼくはラジオが好きなんですが、防水のスマホをお風呂に持ち込み、アプリでラジオを聴いたりすることも多いです。

ただ、ひとつ困ったことがあって、スピーカーの音量を最大にしていても、シャワーの音に声がかき消されて、内容が聞きづらいこともあるんですよね。

その点、「F-02K」のスピーカーは音量が大きく、シャワーに負けないボリュームの音を出してくれます。むしろ最大音量にするとうるさいくらい。


「F-02K」は左右に1基ずつのフロントスピーカーを搭載。

スペック表を見てもアンプの出力はわかりませんでしたが、「F-01K」等のスマホと比べると明らかに大きく鳴らすことができました。

音量を上げすぎて近所迷惑にならないようにする必要はありそうですけどね。

壁に立てかけても滑りにくい!

「F-02K」をお風呂で使う時に、地味に活躍してくれるのが「grip edge(グリップエッジ)」機能。

本体下側面に、2箇所の滑り止めのゴムがついていて、壁に立てかけたりするのにとても便利なんです。

こんな風に、バスタブのフチのような狭いところでさえ、かなり安定して立てることができます。

「F-02K」は、まさにバス(お風呂)のためのタブレット、「バスタブ」と言っても言い過ぎじゃないかもしれませんね。

ただし、勢いよく湯船に飛び込んでお湯があふれたり、バシャバシャとお湯をかけたりしてしまうと、お湯で流されて落下したり、水没したりする可能性があるので、バスタブのフチに立てかける時はじゅうぶんに注意して実行しましょう。

ということで

「arrows Tab F-02K」、防水に加えて「grip edge」という滑り止めがあるし、スピーカー音量も大きいので、お風呂タイムが捗るぞ!というお話でした。

ゆっくりお風呂で動画や音楽を楽しみたい方、「arrows Tab F-02K」、いいですよ!