arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2018.12.04 Tue

ただいまarrows使用中! 第119回

防水ワイヤレススピーカーでお風呂スマホがより快適に!

防水ワイヤレススピーカーのススメ

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

arrowsのスマートフォン、タブレットは基本的に防水仕様なので、お風呂に持ち込んでラジオを聞いたり、録画したTV番組を見たり、楽しんでいます。

寒くなる季節には、あったかい湯船にゆっくり浸かりたいので、そのお供としてますます活躍してくれそうです。


防水(IPX5/IPX8)の「arrows Tab F-02K」、「arrows Be F-04K」。

しかし、このお風呂スマホに関して、ちょっとした悩みがありました。

ぼくの住んでいる環境のせいではあるのですが、浴室にスマホやタブレットを持ち込むとき、音量を最大にしても、シャワーの音や換気扇の音のせいで、音声がいまいち聴き取れないことがあるんです。

以前の住まいでは、そうでもなかったんですが、今の住居に引っ越してから、わりと換気扇のファンの音が大きくて気になっているんですよね。

で、そんな悩みをどうにかして解決したいなと思って導入したのがこちらです。

コンパクトで防水対応のワイヤレススピーカーです。

これは、Anker社の「Soundcore Motion B」というモデルで「IPX7」対応。30分間水につけても平気な防水対応です。

購入価格は5,980円(税込)でした。

防水・耐水性能については、直接シャワーをあてたり、水没させたりしなければ、「IPX5」等級のものでも良いかなと思ったのですが、万が一のことを考えて「IPX7」対応のものにしました。

ちなみに、「IPX5」は、「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」程度で、「IPX7」は、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」、というレベルの規格です。

防水ワイヤレススピーカーを使った感想

で、実際に使ってみたところ、これがとても良かった!

スマホやタブレットよりも音の出力が大きいので、大きな音量を出すことが可能になります。

湯船に浸かってのんびり観るドラマや映画のセリフもはっきり聞き取れるし、シャワーしながら「radiko」で聴くラジオもしっかりと聞き取れるボリュームじゃないですか。

ボリュームが大きくなるだけではなくて、音のひとつひとつも明確になった感じで、とても聴きやすい。

ワイヤレスなので配線の必要もないし、ラジオや音楽を聴くだけなら、スマホを浴室じゃなく脱衣所に置いたままっていうのもできますね。

スマホの防水性が高くても万が一を考えてお風呂には持ち込みたくない、って場合もこれなら安心です。

もちろん、お風呂以外でもパワーがあってそこそこ音の良いワイヤレススピーカーとして使えるし、USBケーブルで接続すればモバイルバッテリーとしてスマホを充電できるところも気に入りました。

いや、これ買ってよかったなあ。

ということで

今回は、防水対応のワイヤレススピーカーとスマホで、お風呂タイムが捗るよ、というお話でした。

紹介したのはAnker「Soundcore Motion B」ですが、これ以外にも各社から同様に防水対応のワイヤレススピーカーがいろいろと販売されています。

同製品は防水ワイヤレススピーカーの例として挙げましたが、廉価な機種であれば、2,000円〜3,000円代から入手することもできるので、価格と性能、自分が求める機能があるか、などよくみて、選ぶと良いでしょう。

ぼくと同じように「お風呂でスマホで音楽や動画聴くけど、音量が物足りない。音声が聴き取りづらい」と思っていた方は、ぜひチェックしてみてください。

そうそう、くれぐれも音量を上げすぎて、ご近所の迷惑にならないようには気をつけてくださいね。

それでは、また!