arrowsライフを充実させるアットエフ


arrows @ MAGAZINE

ただいまarrows使用中!

2019.06.10 Mon

ただいまarrows使用中! 第139回

カメラで花の名前を認識する「花ノート」が楽しい

こんにちは。「ねんざブログ」の、ねんざBです。

今回も引き続きモニター中の「らくらくスマートフォン me F-01L」について。

この機種には、他にはないちょっと面白い機能があります。それが「花ノート」です。

「花ノート」とは

「花ノート」がどういうものかというと、スマホのカメラ機能で「花(植物)」を撮影した際に、画像を人工知能(AI)で解析し、識別してくれる機能です。

撮影すると、その花が何であるか候補をいくつか出してくれます。ここから、「この花だ」と思うものを選んで登録する、という手順です。

登録したものは「花ノート」でアルバムのように確認できます。また、うまく認識できなかったものはインターネットで調べななおすなどして、手動で名前を登録することもできます。「わからない花」というメニューから、後日登録もできます。

わからない場合は誰かが教えてくれる?

自分で調べても花の名前ができなかった場合に、「らくらくコミュニティ」という掲示板サービスに投稿して、他の方の意見を聞くこともできます。

SNSなどへの投稿に抵抗がある方も、富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社が運営する「らくらくコミュニティ」では、投稿のハードルが下がる気がします。

「花ノート」を実際に使ってみた感想

実際にぼく自身も「花ノート」を使ってみたのですが、事前に想像していたよりかなり楽しいです。単に花を識別できるだけだよね、なんて侮っていましたが、普段見かける花が「そんな名前だったのか」とか、「見た目が似てるけど実は別の種類の花があるんだ」とか様々な発見がありました。

「花ノート」にいろいろな種類の花をコレクションできるのも、「Pokémon GO」でポケモンを集める楽しさにも似ているなとも思いました。ポケモン自体に興味がなくても「花」ならやってみたい、という方もいるかもしれません。

興味を持たれそうなご家族がいらっしゃっる方は、「花カメラ」搭載のF-01L、ぜひ紹介してみてください。

それでは、また!