arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

arrowsマニア情報局 第5回

4Kしてる? 「ARROWS NX F-04G」で4K動画を撮ってみよう!

arrows @をご覧の皆様、「せう」です、こんにちは。2週間ぶりのarrowsマニア情報局です。だんだんと秋めいてきましたね。お元気ですか?

9月30日にNTTドコモが新機種発表会を開催しました。この記事が掲載される頃には、新しいarrowsの情報で持ちきり……なはずです(執筆時は発表会前)。が、今回は記事が載る頃には“旧機種”になってしまっているであろう「ARROWS NX F-04G」のお話しをします。

arrowsと言えば、「ARROWS X F-02E」から続く、(賛否両論ある)シンプルすぎるカメラ機能が特徴のひとつです。F-04Gでは、そんなシンプルすぎるカメラ機能に、「4K動画」の撮影機能が付きました。今回のマニア情報局では、F-04Gで4K動画を撮影する方法をご紹介します。


フルHD、(W)QHD、4K解像度の違いの模式図

そもそも、「4K」は3840×2160ドットの画面解像度(画素数)を指す言葉です。「フルHD」と呼ばれる1920×1080ドットの4倍、「(W)QHD(クアッドHD)」と呼ばれる2560×1440ドットの2.25倍の画素数です。簡単にいうと、同じ範囲を撮影する場合、4KであればフルHDの4倍のきめ細やかさを持つ、ということです。

F-04Gの「カメラ」アプリは、通常「静止画」モードになっています。そのため、カメラのMENU(メニュー)を開いて撮影モードを「動画」にする必要があります。

動画モードにしたら、再びカメラのMENUを開いて、カメラ設定の「撮影サイズ」をタップしましょう。

撮影サイズの一覧が出てきたら、「4K」を選択しましょう。これで、4K動画の撮影準備ができます。

ただし、4K動画の撮影時には制約があります。撮影サイズで4Kを選択したときにも出ますが……

  • 手振れ補正が無効になる
  • 本体の温度上昇が半端ない

この2点は注意です。手振れ補正が無効になることは、より本体をしっかり持って撮影しないとブレブレな動画になってしまう、ということです。本体温度の上昇については、冷却剤で冷やしながら撮影する、という手が取れます。

また、注意書きには出てきませんが、4K動画は途中で録画が止まる可能性が高いです。というのも、F-04Gではシステムの制約で動画ファイルが4GBに達した段階で録画が停止してしまうからです。4K動画はファイルサイズが大きくなりがちなので、被写体の状況によっては結構早く撮影が終わってしまいます。上の4Kサンプル動画は、30秒で143MBです。「え、これなら結構長く撮れるのでは?」と思ってしまいがちですが、上の被写体は動きが比較的単調なのでファイルサイズを小さくしやすいのです。

4K撮影した動画は、F-04Gで再生できます。「MHL出力」すれば、巷で話題の4Kテレビに本来の解像度で出力して楽しめます。

ということで、F-04Gをお持ちの皆さん、一度でいいので4K動画撮影を試してみてください!