arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2016.04.22 Fri

arrowsマニア情報局 第27回

arrowsは防水(防じん)だからこんなところでも使える~毎日お風呂で私に「インプット」!

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。桜の季節だと思ったら、もう散り始めました。桜は短命ゆえに美しいのでしょうか……?


防水だからこそ、こんなこともできちゃう……!!

それはさておき、arrows@研究所のS内さんから「Youたち、お題に沿って記事書いてみてYO!チェケラッチョ!!」と依頼を受けました。そのお題は、「arrowsは防水(防塵)だからこんなところでも使える」というもの。これは私にとって最適なお題。なにしろ、毎日「あそこ」でarrowsを使っていますから……!!

arrowsは「風呂」でも安心!


「風呂場でarrows(ARROWS)」は毎日の日課

最近のarrowsは、防水・防じん性能はもちろんのこと、耐高湿度環境での利用も富士通独自に検査しています。要するに、風呂でも安心して使える設計にしているということです。ただし、気を付けなければいけないことがいくつかあります。

  • 入浴剤入りの水、石けん・シャンプーなどが付いたら、すぐに水道水で洗い流す
  • 温水(湯船)に落としたらすぐに引き上げる
  • 温水のシャワーを直接かけない
  • 高湿度環境に長時間置かない
  • 急激な温度の変化にさらさない(結露で「浸水」することがある)
  • 浴室内で充電しない(当たり前ですよね……)

ある意味、当然と言えば当然のことではありますが、通常の入浴なら問題ないことです。

これは、風呂で録画したテレビ番組、動画やWebブラウズをしている自分にとっては非常にありがたいことです。湯船につかって、リラックスした状態で番組・映画を楽しみ、知識をどんどんインプットする。これほど充実した時間はありませんw

皆さんも、ぜひarrowsを使って「良いバスタイム」を過ごしてみてください!

arrowsは「水洗い」できる!


汚れたら水洗い!

本題から少しずれますが、防水なarrowsは汚れが付いたら水道水で洗い流せます。これって地味に便利なんですよね。スマホ用のクリーナーもありますが、気軽に水で洗い流すという選択肢もあるということはより大きな安心につながります。何より安あがりにきれいにできますしねw

ちょっと見方を変えれば、「台所でも安心して使える」ということです。レシピの確認にも使えますね。で、もしも汚れたら水で洗えばいいのですから。

ということで、これでOKでしょうか? > S内さん