arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2016.04.28 Thu

arrowsマニア情報局 第28回

arrowsのホーム画面は何にしてる?→僕は「Google Nowランチャー」

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。気付いたら大型連休の季節です。私は生まれて初めて連休を“高飛び”して過ごします。棒高跳びとか、そういうやつじゃないですよ(


ホームアプリ、どれ使ってます……?

それはさておき、arrowsを含めたAndroidスマートフォンには、「ホーム画面」がアプリ化されていて、ユーザーが好きなものを使えるという特徴があります。

普段、ドコモのarrowsをメインで使っている自分に、ある方面は「おい、当然『docomo LIVE UX』や『docomoシンプルUI』使ってるよね?」と聞いてきますし、また別の方面は「なあ、arrowsなんだから『NX!ホーム』や『Leaf UI』を使ってるよね?」と聞いてきます。


筆者愛用の「Google Nowランチャー」

結論から言うと、筆者はこれらのいずれでもなく、Google純正の「Google Nowランチャー」を使っています。これにはいくつかワケがあるのです。

理由1:シンプルで使いやすい


Google Nowランチャーのドロワー(アプリ一覧)

Google Nowランチャーは見た目がシンプルです。シンプルにしすぎた結果、使い勝手的にはむしろ悪化する、というケースもありますが、Google Nowランチャーの場合はそんなこともありません。ドロワー(アプリ一覧画面)で、アプリが見つからない場合に検索ができるのも良いポイントです。

理由2:初期設定時にアプリの配列を自動で復元してくれる(条件あり)

最近のarrowsは、初期設定時にGoogleアカウントを設定すると、クラウド経由で過去のAndroid端末(対応機種に限る)からアプリや設定を「復元」することができます。

Google Nowランチャーは、この復元の際に、旧端末で使っていたホーム画面の配列を再現することができます。要するに、環境の再現がより簡単なのです。復元に対応しないダウンロードアプリに関しては、グレーアウトしたアイコンをタップすることでGoogle Playからダウンロードできます。

  • ※ドコモのarrowsにプリインストールされている「docomo LIVE UX」にも、Google Nowランチャーと同様にホーム画面の配列を復元する機能があります。ただし、利用には「dアカウント(docomo ID)」が必要です。

理由3:「Google Now」が統合されていて便利


右方向にスワイプするだけで呼び出せる!

Google検索の履歴やGmailの着信メールの内容などから、使う人が必要であろう情報をカード形式で提示してくれる「Google Now」。通常のホームアプリでは、ホームキーの長押しから呼び出します。が、Google Nowランチャーを使っている場合は、ホーム画面の1ページ目を右にスワイプする(なぞる)とすぐにGoogle Nowを呼び出せます。まあ、アプリ名に「Google Now」が付いているので、当然と言えば当然ですね(

ということで、富士通純正のプライバシーモードが便利な「NX!ホーム」や、シンプルで分かり易い「LeafUI」などのホームアプリもありますが、個人的にはGoogle Nowランチャーお勧めです! 富士通の皆さん、SIMロックフリー機種も含めてプリインストールしましょう!(チラチラ