arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2016.08.19 Fri

arrowsマニア情報局 第42回

アレがないんだよ、アレが!!(again) arrows SV F-03H/M03でHDDレコーダーの番組を楽しむ方法

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。お盆休暇も過ぎて、仕事に勤しんでいる人が多いと思いますが、皆様はいかがおすごしでしょうか?自分はというと「お盆休暇」なるものはなく、別途まとまった休暇を取得して高飛びをしようと画策しているところです。


arrows SV F-03Hで地デジ番組を見るにはひと工夫が必要

読者の皆様は、以前の情報局で「アレがないんだよ、アレが!! arrows Fit F-01Hとarrows M02/RM02でHDDレコーダーの番組を見る方法」という記事があったのを覚えているでしょうか?「arrows Fit F-01H」と「arrows M02/RM02」には著作権保護技術(DTCP-IP)対応のDLNAクライアントアプリがインストールされていないので、ハードディスク(HDD)レコーダーの番組を楽しむには別途アプリをインストールする必要がありますよ、というネタでした。

実は、2016年夏モデルである「arrows SV F-03H」や「arrows M03」も、DTCP-IP対応のDLNAクライアントをプリインストールしていないので、単体ではHDDレコーダーに録画した番組を見られないのです。

本来であれば、上記の過去記事と同じ方法でできますよ――と行きたいところなのですが、ちょっと対応アプリを巡る状況が若干変わったので、これら2機種を含む「DiXiM Player」をプリインストールしていないarrows(ARROWS)でHDDレコーダーの番組を楽しむ方法を改めてご紹介します。

※注意 本記事でご紹介する方法は、全てのネットワーク対応HDDレコーダーに保存されている番組(動画)の再生を保証するものではありません。また、アプリの完全な稼働を保証するものでもありません。トラブルが発生した場合の責任は負いかねますのでご了承下さい。

まずは「DTCP-IP」対応の「DLNAクライアントアプリ」を用意しよう


「DTCP-IP」でGoogle Playを検索した結果

現在市販されているHDDレコーダーの多くは、有線LANまたは無線LAN(Wi-Fi)を介して録画した番組(動画)などを家庭内のネットワーク機器に配信する「DLNAサーバー」機能を有しています。この配信データを受信するためには「DLNAクライアント」が必要で、著作権保護が有効な録画番組を楽しむには「DTCP-IP」という技術に対応したDLNAクライアントが必要です。

F-03H/M03は、DTCP-IP対応DLNAクライアントアプリをプリインストールしていないため、別途「Google Play」からダウンロード・インストールする必要があります。DTCP-IP対応の主なDLNAクライアントアプリは以下の通りです。なお、全て有料です。

アプリ名 開発元 購入形態 金額(税込)
Media Link Player for DTV(※) アルファシステムズ 買い切り
(ダウンロード時に購入手続き)
900円/アカウント
sMedio TV Suite sMedio 買い切り
(DTCP-IPコンテンツ初回視聴時に購入手続き)
900円/アカウント
(8月31日まで700円/アカウントのセール中)
DiXiM Play デジオン 月額課金 108円/月/台
(デジオンの課金システムを利用)

※8月15日現在のバージョンでは、F-03Hにおいて初期起動時のアクティベーション(機能有効化)が正常に行えないことを当方で確認しています。

以前の情報局では、PacketVideoの「Twonky Beam」を入れていましたが、年内でサービスを終了することを表明しているほか、Android 6.0端末では正常に動作しないことが多いため省きました。

いずれのサービスも、アプリの初回ダウンロード時に1回、あるいは毎月の課金が必要となります。「Media Link Player for DTV」と「sMedio TV Suite」については、1回課金すればその後の課金はありません。一方、「DiXiM Play」はアプリのダウンロード自体は無料ですが、独自の「DiXiM ID」を取得した上で月額課金の手続きが必要です。

Google Playで購入したらすぐに動作確認


アプリの動作は必ず確認すること

先述の通り、DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリは全て有償です。動かなかったらお金が無駄になってしまいます。

Google Playでアプリ自体が買い切りになっている場合(Media Link Player for DTV)は、初回購入時に限り購入から2時間以内にアンインストールすることで返品(返金)手続きができます。アプリ買い切りタイプの場合は購入から15分以内に自分の環境で正常に再生できるかどうか確認しましょう。

Google Playのアプリ内課金で買い切る場合(sMedio TV Suite)は、返品手続きはGoogleへ問い合わせる必要があります。独自課金システムを使う場合(DiXiM Play)は、サービス提供者に問い合わせましょう。

このような面倒なことをしたくない場合は、あらかじめ自分のarrowsとHDDレコーダーがアプリのサポート対象に入っているかどうか確認するようにしたいです。