arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2016.11.18 Fri

arrowsマニア情報局 第53回

arrowsは3機種が対応へ。「Android 7.0」の新機能を先行チェック!

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。「arrows Tab F-04H」のおかげで毎日の全裸風呂ライフがはかどっています。なぜかはこのへんとか、このへんを確認してみてください。


arrowsは3機種がAndroid 7.0に!

そんなF-04Hですが、発売元であるNTTドコモの「Android 7.0へのバージョンアップ予定製品」に「arrows SV F-03H」「arrows NX F-01J(未発売)」とともに入りました。正直、もう少し対応機種を増やしてほしかったのですが……。他のメーカーと比べると……(って、Android 6.0のときも同じこと言いましたねorz)。

それはともかく、arrowsでは3機種で対応するAndroid 7.0の主な機能面での特徴を見てみましょう。

OSレベルで「マルチウィンドウ」に対応


2画面表示ができます!!

従来のAndroid端末(主にタブレット)では、メーカーが独自にカスタマイズして複数アプリを同時表示する「マルチウィンドウ」に対応していました。

Android 7.0では、OSレベルでマルチウィンドウをサポートしています。画面が大きいタブレットでは、かなり便利に使えるはずです。

Dozeモード(省電力モード)の適用範囲の拡大


Dozeモードの適用範囲が拡大します!!

Android 6.0で搭載されたOSレベルでの省電力機能(Dozeモード)は、従来は「非充電中かつ静止中」に動いていました。Android 7.0では「非充電中かつ移動中」にも一部の省電力モードが動作するようになりました。OSバージョンアップによって、移動中のバッテリー持ちが若干ですが良くなるはずです。

通知パネルの機能改善


通知パネルはデザインも変わっています

Android 7.0では、Android 5.0以来となる通知パネルのデザイン変更が行われます。

それだけではなく、通知パネルでの「インライン返信」(通知パネル内でメールやSNSの返信ができる機能)や「バンドル通知」(同じアプリからの複数の通知を1つのパネルにまとめる機能)に対応します(どちらもアプリ側の対応も必要ですが)。わざわざアプリ画面を開かなくてもできることが増えます。

arrows独自機能の改善は行われる?


個人的に直してほしいarrowsの「Wi-Fi」スイッチの仕様

Androidはメーカーごとにさまざまなカスタマイズをしています。その中で、個人的にarrowsにおいて直してほしいところは通知パネルスイッチの「Wi-Fi」です。OS標準だと、このWi-Fiスイッチにアクセスポイント選択機能が付いているのですが、arrowsのそれにはないのです……。接続するアクセスポイントを選びたい場合、現状では設定画面に入り込まないといけないのが不便で不便で(

ここがどうにか改善されれば、arrowsがもっと便利になるのですが……。期待したいところです。