arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2017.07.28 Fri

arrowsマニア情報局 第85回

“禁断”の比較!? 「arrows Be F-05J」「arrows SV F-03H」兄弟を見比べよう!(外観編)

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。あれこれしている間に、Androidの新バージョン「Android O」(恐らくAndroid 8.0になるもの)のRelease Candidate(出荷候補)版が出てきました。富士通コネクテッドテクノロジーズにおかれましては、より多くのarrows(ここ2年以内に発売したやつ)のOSバージョンアップはきちんとしてほしいところです。


すごく……そっくりです

NTTドコモの2017年夏モデルとして登場した「arrows Be F-05J」は、2016年夏モデルの「arrows SV F-03H」をベースとしていることは第78回のマニア情報局でも言及した通りです。

では、一体どこが違うのか。これから数回にわたって見ていきます。今回は、外観の違いから確かめていきます。

違いその1:本体四隅の形状


F-05Jは「彫り込み」がなくなりました

まず見た目でハッキリと分かるのは、四隅のデザインです。

F-03Hでは、素材の異なる側面と上面の境界線を「彫刻刀で彫り込んだようなデザイン」で処理することで違和感を軽減しました。

それに対して、F-05Jではこの彫刻刀を彫り込んだデザインではなく、優しさや親しみやすさを演出する丸みを帯びたデザインに変更しました。素材の異なる側面と上面については、極力色合いをそろえるようになりました。

違いその2:arrowsロゴの有無


左側面の「arrows」ロゴがなくなりました

次に分かるのは、左側面の下方にある「arrows」ロゴの有無です。F-03Hでは彫り込みのarrowsロゴがありましたが、F-05Jではなくなっています。

F-05Jは、「端末価格を抑える」という命題も抱えていましたから、仕方ないのかもしれません……。

違いその3:背面処理


F-03Hではあった模様(テクスチャー処理)がなくなっています

F-03Hでは背面パネルに模様が刻まれていましたが、F-05Jではそれがなくなりました。こちらも、ロゴと同様の端末価格を抑えるための措置だと思われます。

本体の見た目という点では、これら3点が大きな違いです。では、中身(ソフトウェア)に違いはあるのでしょうか……? それは次回(