arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2018.08.10 Fri

arrowsマニア情報局 第134回

ついにキタ!!!!!
「arrows NX F-01K」のAndroid 8.1!!!!! (その2)

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。ここ最近、古い自動販売機にはまっています。そのうち、このマニア情報局でも取りあげます。arrowsと何が関係あるのかって? お楽しみに(


Android 8.1になりました!

さて前回、「arrows NX F-01K」がAndroid 8.1にバージョンアップした件について取りあげました。今回も引き続き、OSバージョンアップによる変更点をご紹介します。

Wi-Fi、Bluetooth、Dolby Audioの通知パネルスイッチが便利に


Wi-FiやBluetoothの通知パネルスイッチが少し便利になりました

前回の「通知パネルスイッチ」の所で何となく気が付いた方もいるかもしれませんが、Android 8.1にバージョンアップしたF-01Kでは、Wi-Fi(無線LAN)で接続するSSID(アクセスポイント)の指定や、Bluetoothの接続デバイスの確認・接続機器のバッテリー残量チェック(※)を通知パネルスイッチ内で行えるようになりました。OSとしては以前から対応していたのですが、arrowsではなぜか「カット」されちゃってたんですよね……。これで利便性がとても高まります!


Dolby Audioも通知パネルスイッチでモード選択できるように

ついでに、Dolby Audioも通知パネルスイッチ内でモードを切り替えられるようになりました。大変便利です!!

※ Bluetooth機器側にバッテリー残量を通知する機能があれば利用できます。

文字列選択からアクションを起こせるように


選択した文字列に応じたアクションを起こせます

コピーアンドペースト(コピペ)は結構よく使う機能だと思います。Android 7.0では、コピペで使う文字列選択をOSレベルでしやすくしました。

Android 8.0では、選択した文字列の内容を判別して、アプリに直接アクションを投げるという機能が追加され、より便利になりました。アプリによってはコピペすら不要になるのです。

Android 8.1になったF-01Kでもこの機能はもちろん使えます。

アプリの中にアプリを表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャー」


Chromeの中にGoogleマップが表示されている

Android 8.0では、アプリを小窓表示する「ピクセル・イン・ピクチャー(PIP)」をスマートフォンやタブレットでも利用できるようにしました(Android TVではバージョン6.0から使えています)。

F-01KでもOSバージョンアップでこの機能が有効になります。対応アプリであれば別のアプリの上に小窓でアプリ表示できるようになります。

プリインストールアプリでは「テレビ」アプリがPIPに対応しています。「ながら見」がはかどること間違いなしです。

ということで、主な変更点は以上です。結構いろいろ便利になってます。OSバージョンアップをまだしていない方、ぜひにバージョンアップを!!