fujitsu
ファミリーページ

関係者が語る

このサービスを始めようと思われたきっかけは何ですか?
中畑

僕も経験があるのですが、親世代がケータイを買い替えた時、最初にすることは待受画面を孫やペットの写真に変えること。でも自分ではできないから、子供にお願いする人も多いようです。そういったご家族に手軽に使ってもらえ、さらに写真をきっかけに家族間で気軽にコミュニケーションしてもらえたらいいなと思い、開発しました。

 

その思いを実現するために、工夫された点は何ですか?
駒井

やはり、投稿した写真がらくらくスマートフォン3の待受画面に表示されるフォトフレーム的な機能ですね。それも投稿して数秒で表示されるんです。これなら送られてきた写真にすぐに気づけ、リアルタイムに大画面で楽しめますよね。 イラストだけで返信できるようにしているのも、特長の一つです。文字を打つよりも簡単なためか、親世代からも好評を得ています。定期的にイラストが更新されて、バリエーションも豊富なんです。

 

中畑

安心して使えることも大きな特長だと思います。さまざまなSNSがありますが、登録やプライバシーなどの設定があれこれあって、親世代の多くにはハードルが高く、子供としてはちょっと心配かと思います。でもファミリーページはあらかじめ招待した側とされた側の中でプライバシーが守られる設定になっていますから安心してご利用いただけます。

 

開発で特にご苦労されたところは?
駒井

ファミリーページは子供世代が先に登録して親世代を誘い、親に利用登録してもらう流れが多いことを想定しています。その登録の流れをいかに分かりやすく簡単にできるかが肝になると考えました。私たちシステム開発担当と企画担当が議論を重ね、何度もテストをして、出荷ギリギリまで良いサービスになるよう努力しました。

 

中畑

分かりやすくて簡単にできるよう、ユーザーインターフェース(UI)の面からもチーム内で何度も議論を重ねました。らくらくスマートフォン3のファミリーページと、子供世代がAndroidやiPhoneで使うアプリでは、それぞれの世代になじみやすいようUIを変えています。親世代は大きな文字で分かりやすく、SNSに慣れた子供世代はスマートに。でも親世代が操作を分からない時に子供世代に聞けるよう基本的な画面は統一しているのも工夫した点です。

 

駒井

パソコンやフィーチャーフォンからもファミリーページにアクセスできるようにしているので、そういった方にも幅広くお使いいただけると思います。

 

リリースから1カ月を過ぎ、どんな滑り出しですか?
駒井

おかげさまでリリース直後からコンスタントに利用登録者が増えており、たくさんの方がファミリーページを利用しています。 おもしろいなと思ったのは、ファミリーページの使い方に関する疑問を、親子間のやりとりの中で解消してくださっているようなのです。今は親子で使われている方がほとんどですが、今後はご兄弟やお友達同士での登録が増えて、大人数で盛り上がってほしいと思います。さらに孫世代が成長して、孫とおじいちゃんおばあちゃんがファミリーページ上で交流してもらえたら、もっとうれしいですね。

 

中畑

今後も常に改善を進めていく予定です。お客様の声につねに耳を傾けていきたいですね。ぜひ長きにわたってご利用いただきたいと思います。

 


ページトップへ
copyright 2014-2015 FUJITSU