fujitsu
ファミリーページ

ユーザーボイス実際に「ファミリーページ」をご利用いただいた方に感想をお伺いしました!

大家族で楽しむ永沢さんご家族

大家族がファミリーページ
でひとつの輪に
つながりました。

家族プロフィール

永沢さん親子&姉妹(東京都在住)
永沢さんと奥様(ともに30代)と男の子2人(8歳と5歳)、奥様のご両親(ともに60代)、奥様の妹さん(30代)と男の子1人(12歳)という、総勢8人のいつもにぎやかなご一家です。

家族旅行の思い出から日常のひとコマまで、
両親に見せる写真が増えました。
奥様: 私は、おもに子供たちのふだんの様子をファミリーページに送ってみました。あとは、連休に行った徳島旅行や、私が食べた美味しいランチなども。
ご主人: 妻はお昼にこんなにいいもの食べているのか・・・ってビックリしましたよ(笑)。ファミリーページって簡単に送れるのがいいですよね。さまざまな子供の写真を送りましたが、世界のサッカー選手の物まねをする姿や、学校で初めて書いた習字など、今までは両親にまでは見せていなかった何気ない日常のひとコマも撮って送るようになりました。
奥様: 徳島旅行には両親も一緒に行き、行動を共にしたのですが、家族のみんなが手元のスマホで、すぐにアルバムをめくるように思い出の写真を見られるのがいいですね。それまではデジカメをテレビにつないだり、タブレットにデータを移したりして両親に見せていたので、その手間がなくなりました。
ご主人: 徳島旅行では、子供たちが初めて吉野川でラフティングに挑戦したんですが、らくらくスマートフォン3に防水機能があるので、デジカメでは撮れないような写真もバッチリ撮れました。母が知り合いにファミリーページを見せながら旅行の話をしたそうで、もう活用できているようです。
奥様: うちの両親のように、スマートフォン初心者で、まだ操作になじんでいないような人には、トップの待受画面に送った写真が自動的に出るのがいいみたいですね。
旅先から送られてくる写真に感心したり、安心したり。
妹さん: 私と息子は今回徳島旅行に同行しなかったんですが、タイムリーに旅行の様子をファミリーページから知ることができるのがいいですね。私と息子は遊園地に出かけて、そこから写真を送ったのですが、まだスマホに慣れていない母から初めて「拍手!」をもらいました。
妹さん: 息子はおばあちゃん子で、以前息子と母の二人で函館へ旅行したことがあったんです。その時にファミリーページがあったら良かったなあと思いました。旅行中あれこれと写真と報告が送られてきたら、こちらも安心できますよね。
送られてきた孫の写真を出先でも見られてうれしい。
お母様: 私たちの年代にもスマートフォンに対する憧れがあって、「らくらくスマートフォン3」を手にした時、本体の薄さや画面の大きさにびっくり。お友達も「いいわね」と言ってくれました。送られてきた孫の写真がすぐに見られて、新しい写真をさっと人にも見せられるのがいいですね。
お父様: 私は出張が多くて電話ばかり使っていましたが、もっと娘に使い方を教えてもらって、出先でも孫の写真を見たり、地図を調べたりしてみたいと思うようになりました。
お母様: 私たち一家は一緒にいる時間が多いほうかもしれませんが、スマホを使えばいつでもどこでも家族の思い出をアルバムのように開いて見られるんですね。これまでの写真では見たことのない孫たちの自然な表情もあって、スマートフォンを見るのがとても楽しくなりましたし、色々な機能をもっと使いこなせるようになりたいと思いました。
インタビュー後記

永沢邸の扉を開けて、すぐに聞こえてきたのは男の子3人の元気な声。お母様と若奥様姉妹のにこやかな笑顔に迎えられ、そして活き活きとした三世代のやりとりを見て「大家族っていいなぁ」と改めて思いました。
さらにお話を伺うと、「ファミリーページ」を活用し、家族が写真を送り合い、アルバムとしても十二分に楽しんでくれている様子。今は被写体のお孫さんが、成長し、今度はお孫さん自らがおじいさま・おばあさまに写真を送って、今後も「ファミリーページ」を中心につながっていてくれたらいいなと思います。

  • アクティブシニアの活動日記
  • “お父さんだけ蚊帳の外”が解消!
  • ファミリーページは男の秘密基地
  • おばあちゃんのスマホ奮闘記
  • イクメンパパ一家のファミリーページ
  • 便りがあるのが元気な証拠
  • 離れた家族とつながる
  • 交換日記のように利用する
  • 大家族で楽しむ
ページトップへ
copyright 2014-2015 FUJITSU