arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2016.12.26 Mon

arrowsマニア情報局 第58回

「arrows NX F-01J」の地味だけど重要な変化(Iris Passport編)

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。平日は平穏無事に過ごしてきたのですが、週末にまた風邪を引いたっぽいです……orz 風邪に愛されているのでしょうか(


やっとセットアップが終わった「arrows NX F-01J」

そんな状況なのですが、前回パッケージをレビューした「arrows NX F-01J」のセットアップを何とか完了させました。暇を見つけては、今までのarrowsとの違いをあれこれ探しています。

そんな中で、一番最初に気が付いたのは「Iris Passport」の仕様変更です。

再起動後は「予備認証」でのロック解除が必須に


再起動後は予備認証でのロック解除が必要になりました

F-01JのIris Passportは、従来の搭載機種と比べると赤外線カメラのフィルター変更やソフトウェアの改良が注目されがちなのですが、もう1つ重要な仕様変更があります。

それが、(再)起動後の画面ロック解除の認証時の挙動です。従来機種では、(再)起動した直後からIris Passportが有効だったのですが、F-01Jでは(再)起動直後のロック解除に予備認証方法でのロック解除が必要になりました。虹彩の初回登録時に登録したパスワード、PIN(暗証番号)、パターンのいずれかの予備認証方法でロック解除しましょう。


取扱説明書の詳細版にもその旨が記載されています

この件については、NTTドコモのWebサイトにある取扱説明書の詳細版にも記載されています。おそらく、Android 6.0以降のOS標準の生体認証仕様に近づけるための措置であると思われます。

この変更については、いつの間にかAndroid 7.0へのバージョンアップ機種に追加された「arrows NX F-02H」も、バージョンアップ時に適用されるでしょう。

他にも、F-01Jではあれこれ変わった点があるので、次回以降もマニアックに紹介していきます!