arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2017.08.25 Fri

arrowsマニア情報局 第88回

カスタマイズゆえの「弱点」を克服? Android 7.1なarrowsで活用したい「パネルスイッチ長押し」

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。少し前に「arrows Tab F-04H」にもAndroid 7.1へのバージョンアップが提供されましたね(参考リンクその1その2)。そして、いよいよ今週「arrows NX F-02H」のAndroid 7.1へのバージョンアップ対応が公開されました(参考リンクその1その2)。


OS標準通りなら通知パネルスイッチからWi-Fiアクセスポイントを選択できますが……

他社のAndroidスマートフォンでは、上の写真のように通知パネルスイッチからWi-Fi(無線LAN)やBluetoothの接続先を選択したり新規接続設定できたりします。実はこの機能、Android 6.0以降のOS標準機能なのですが、arrowsではメーカーカスタマイズによってカットされているのですorz

Android 7.0以降へのバージョンアップで、arrowsもパネルスイッチ内でWi-FiやBluetoothの接続設定ができるようになることを期待したのですが、メーカーのポリシーからか実現しませんでしたorz

が、Android 7.0以降でOSに追加された「新機能」でその面倒が若干緩和されました。今回はその「新機能」についてご紹介します。

その新機能は「スイッチ長押し」


Wi-Fiスイッチを長押しするとWi-Fi設定にジャンプします

Android 7.0では、スイッチの「長押し」による関連設定項目へのジャンプが通知パネルスイッチの新機能として追加されました(※)。

この新機能はAndroid 7.1のarrowsでもしっかりと使えます。よって、Wi-Fiのアクセスポイント選択や新規接続をしたい時に「Wi-Fi」のアイコンを長押しすれば一気にWi-Fi設定画面へとジャンプできます。


Bluetoothスイッチを長押しするとBluetooth設定にジャンプします

同様に、Bluetoothの設定をしたい場合は「Bluetooth」のアイコンを長押しすれば一気にBluetooth設定画面へとジャンプできます。

  • ※通知パネルスイッチの配置変更・追加・削除(arrowsではAndroid 7.1で新規対応)については、パネルスイッチ内の鉛筆アイコンをタップして行うように変更されました。

Android 8.0のarrowsではどうなる……?


「Android 8.0」のarrowsはどうなる……?

8月21日(アメリカ東海岸時間)、Androidの新バージョン「Android 8.0」が正式発表されました。Android 8.0では通知パネルそのものに対する機能拡充がなされていますが、パネルスイッチについては一部の配置が変わった以外に大きな機能変更はありません。

Android 8.0を搭載するarrowsでは、果たしてパネルスイッチ内での接続設定が追加されるのか、それとも……。できれば追加してほしいです(チラチラ

ともあれ、代替措置として長押しで設定できるようになったのはありがたいところです。