arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2017.10.13 Fri

arrowsマニア情報局 第95回

オッケーグーグル! 「Googleアシスタント」を使ってみよう!(実践編その2)

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。現在、遅い夏休みを取っています。「arrowsマニア情報局を書いているということは休んでないじゃん」というツッコミは甘んじて受けます()


どんなことができるんですかね?

本当は全2回でお伝えする予定だった「Googleアシスタント(Google Assistant)」特集ですが、できることが意外と多いので3回に分けてお送りすることにしました。前回に引き続き、今回もGoogleアシスタントでできることをご紹介します。

できることの例:天気を聞く


お天気を聞けます

「○○の天気は?」あるいは「○○の天気を教えて(調べて)」と聞くと、天気予報を表示してくれます。○○に時期(「明日」「あさって」など)を入れると、指定の期日における現在地の天気を教えてくれます。○○に場所を入れると、指定の場所の天気を教えてくれます。

できることの例:食事スポット調べ


「お腹がすいた」で探してくれます

「お腹がすいた」と話しかけると、近所(通常は現在地から400m~2km圏内)の食事スポットを調べてくれます。もう少し具体的に調べたい場合は「○○を食べたい」と話しかければ、ジャンルを絞り込んで調べてくれます。


連続検索もできます

出てきた結果をタップ(推奨)すると(※)、Google Nowのカード形式でお店に関するカードが表示されます。さらにGoogle検索に回しても良し、電話をしてもよし、地図を確認しても良しですね。ええ。

※店名を語りかけることも可能ですが、あまりうまく行かないことが多いので、店名(食事の写真あるいは店名)をタップした方が早いです。

できることの例:会話相手


さみしいときは会話相手にもなります

さみしい時など、話し相手が欲しい場合にも、Googleアシスタントは役立ちます。

例えば「あなたは誰?」と聞くと、自己紹介を始めてくれます。「元気ですか?」と聞けば、ご機嫌を教えてくれます。さらに「面白いこと言って」と言えば、なぞなぞを出してくれます。

他にも、意外といろいろ話しかけると面白い反応を見せてくれます。ぜひ、いろいろ試してみてください。

ということで、3回に渡ったGoogleアシスタントの紹介もこれで終わりです。本当にいろいろできますよ!