arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2018.01.19 Fri

arrowsマニア情報局 第107回

国際ローミングで「LTE」「4G」「4G+」にならない? チェックしておきたい「Band」

arrows @をご覧の皆様、「せう」です。海外出張から戻ってきました。帰りの飛行機にトラブルが発生して帰国が約1日遅れたのは厄年ゆえなのでしょうか()


待てど暮らせど「4G+」にならなかったF-01K……

さて、出張中は「arrows NX F-01K」(と、ほか数台のスマホ)が大活躍しました。しかし、F-01Kはより高速でレスポンスの良い「LTE(4G/4G+)」で通信できませんでした……。他方、ほかの手持ちスマホは一部を除いてLTEで通信できました。

通信回線はいずれも、NTTドコモのLTE通信サービス「Xi(クロッシィ)」のもの。海外ローミングを禁止する手続きもしていません。なぜ、F-01Kは出張先でLTE通信できなかったのでしょうか……?

携帯電話・スマートフォンによって対応する「通信規格」「周波数帯」は異なる


F-01Kが国内で対応するLTE規格のBand

携帯電話やスマートフォンには、対応する「通信規格」と、「電波の周波数帯(Band)」がそれぞれ設定されています。

国内で各キャリアから発売されている端末は、そのキャリアで便利に使える通信規格とBandに対応するように設計されています。例えば、NTTドコモから発売される機種なら、W-CDMA(3G)通信サービス「FOMA(フォーマ)」を快適に使えるように対応Bandが決められています。

そのため、あるキャリアに最適化された端末を別のキャリアで使うと、電波のつかみが悪くなったり圏外になったりしてしまうことがあります。キャリアによって使うBandが異なるがゆえに、電波をつかめないことがあるのです。

SIMロックフリー端末も事情は同様です。1~2年前までの機種だと特定キャリアのネットワークで使うことを意識して対応規格・Bandを絞り込んでいるケースもありました。

しかし、いろいろなキャリアに対応できるように、最近は対応通信規格・Bandを多めに用意する端末も増えてきました。arrowsでいうと、「arrows M03」「arrows M04」あたりなら国内のどのキャリアのネットワークでもベースエリアで便利に使えます。

海外では日本とは異なるBandが使われることがある


(細長いですが)F-01Kの海外における対応通信規格・Bandの一覧

海外に目を向けると、日本国内と同じBandを使っている国・地域もあれば、日本国内では全く使われていないBandを使っている国もあります。前者であれば、海外ローミングも基本的には問題ありません。しかし、後者の場合は通信できない、ということになります。

「海外渡航中に全く使えない」というのは利便性に影響するので、通常、海外ローミングのために日本では使っていないBandもある程度対応するのが一般的です。事実、F-01Kも海外ローミング中に以下のBandが使えます。

  • FD-LTE(4G/4G+):Band 1/3/5
  • W-CDMA(3G):Band 1/5
  • GSM(2G):850/900/1800/1900MHz

しかし、自分が今回出張に行った先では、全然LTE通信ができなかったわけです。要するに、F-01KのLTE対応Bandと渡航先のLTE Bandがかみあわなかった、ということです。

ちなみに、今回渡航したのはどこなのかというと、アメリカ合衆国。同国のキャリア(通信事業者)のLTE Bandを見てみると……

  • AT&T:Band 2/4/5/17
  • Verizon:Band 2/4/13
  • T-Mobile US:Band 2/4/12
  • Sprint:Band 25/26/41(TD-LTE)

というふうに、AT&TのBand 5以外はLTE通信できないという状況です。

なら「AT&Tにローミングすればいいんじゃない?」と思うかもしれません。実際、今回の渡航では何も設定しないでAT&Tにローミングされました。しかし、AT&TのLTEエリアはBand 17を中心に構築されており、Band 5のLTEが使える場所は限られています

ゆえに、今回はAT&TのW-CDMAのBand 5でローミング、ということになってしまったのですorz

海外によく行くユーザーのために対応Bandをもう少し増やしてほしい……(要望)


今回F-01Kと一緒に持っていった「あるスマホ」の海外LTE対応状況

今回は3Gでもそこそこの速度で通信できたので辛い思いをせずに済みましたが、場所によってはLTEと3Gの速度差が大きい場合もあります。上に挙げたスマホほどでなくても、せめてBand 2には対応してほしかったです……。

また、まだF-01Kを連れて行っていませんが、中国で使うことを考えるとTD-LTEに対応していないことも心配です。過去のarrows(ARROWS)では「ARROWS NX F-04G」はTD-LTEに対応していました。今後のarrowsは、上に挙げたスマホほどではなくてもせめてBand 41には対応してほしいです……。

一方、ヨーロッパ諸国ではBand 1をメインにLTEエリアを構築しているキャリアが多いので、F-01Kでも快適にLTE通信できるはずです(こちらも行ってみないと分からない面もありますが)。

ということで、将来のモデルではぜひ、もう少しでいいので海外ローミング中に使えるBandを増やしてほしい(せめてF-04Gレベルに戻してほしい)なぁ、と思います。