arrows @

arrowsの情報を何でも
掲載する研究所

arrows @ MAGAZINE

arrowsマニア情報局

2018.12.21 Fri

arrowsマニア情報局 第152回

SMSの新しいスタイル! 「+メッセージ」を使ってみよう(その5)

arrows@をご覧の皆様、せうです。明日は冬至です。ゆず湯に入ろうか迷ってます()


電話番号だけでリッチなコミュニケーションを取れる「+メッセージ」

これまで4回に渡ってご紹介してきた「+メッセージ」アプリ。今回も引き続き、使い方をご紹介します。

使い方は「LINE」に近い


LINEに慣れていればそんなに戸惑わない(画像はグループチャット時)

アプリのユーザーインターフェイスは、「LINE」アプリのそれと近く、最新のメッセージが一番下に表示されます。相手からのメッセージは左側、自分のメッセージは右側に表示されます。


SMSでの送受信例

相手が+メッセージを使っていない場合(=SMSを利用している場合)、メッセージ受信時刻の左側に「SMS」と表示されます。同様に、自分がSMSを使って送ったメッセージは送信時刻の右側に「SMS」と表示されます。


+メッセージでの送受信例

一方、+メッセージを使ってやりとりしているメッセージの場合、「SMS」は表示されません(当たり前ですけどねw)。相手側の方には代わりにチェックマークが入ります。チェックが1つ付いたら、そのメッセージは相手に届いています。チェックが2つ付いたら、相手はそのメッセージを開封した(=既読)ということになります(※)。

  • ※+メッセージでは、既読状況を送信しない設定もできます。送信相手が既読状況の送信を行わない設定にしている場合、メッセージを開封しても通知されません。
    自分の既読状況を送りたくない場合は、アプリのトップ画面にある・・・(メニュー)」をタップし、「マイページ」→「設定」→「プライバシー」と進み、「メッセージの既読機能」をオフにしてください。

ここをオフにしてください

スタンプもあります!(現状では全部無料)


スタンプストアもあります!

+メッセージの紹介の第1回でも軽く紹介しましたが、+メッセージではさまざまなデータを送受信できます。現代のメッセージのやりとりでは(恐らく)欠かせないであろうスタンプもやりとりできます。

スタンプは+メッセージアプリ内で入手できます。アプリのトップ画面にある・・・(メニュー)」をタップし、「マイページ」→「スタンプストア」と進めばOKです。

現在の所、スタンプは全部無料ですが、将来的には有料のスタンプも出てくる見通しです。

ということで、これだけ知っていれば、ある程度+メッセージを使いこなせるはず。ぜひエンジョイしてみてください!